たなぼた

たがやす

d0265224_1125116.jpg



耕して  耕して  

耕した分だけ  

そうさね 明日ってやつが来るんだよ    


  

  
by 11hiyo | 2013-02-11 11:05 | asita | Comments(6)
Commented by shizuku0826 at 2013-02-11 13:49
こんにちは。
はじめまして雫と申します。
↓【父の背中】【たがやす】
胸にぐっと想いが伝わってきました。

フォローとリンクいただいてよろしいでしょうか
よろしくお願い致します。
Commented by hanapepelife at 2013-02-11 16:52
こんにちは♪

お母様は頑張り屋さんなのですね。
作品を見てると母が重なって見えました。
いつも私に頑張れって激励してくれる母。
辛い日ばかりが続きやしないからって・・・
いつまでも元気でいて欲しいです。
Commented by zosanjyoro at 2013-02-11 22:04
こんばんは~ ^^
今日のお写真も昨日のお写真もhiyoさん独特の雰囲気で
不思議な世界ですね~ ステキです
うまく言葉にするのが難しいんですが 心の奥がざわついて
います
色んな思いがこみ上げて来ています
父の背中 母の背中は偉大です
まだまだ健在なのでしっかり見ておきたいと思いますね
Commented by 11hiyo at 2013-02-11 23:44
雫さん!

こんばんは~
お申し出、とても嬉しいです。
お空を見上げている目線、とても美しいですね。
どんなことを思って空をご覧になっておられるのでしょう。
また刺激を下さい。
リンクとフォローのこと、
こちらこそ、どうぞ、よろしくお願いいたします。
私もフォローとリンクいたしま~す^^ 
Commented by 11hiyo at 2013-02-11 23:54
hanapepelifeさん!

こんばんは~
今朝ほど、近くの田んぼやら畑やらに行って
この写真を撮ってきました。
春になれば農業をする人が溢れている場所ですが
今日はどなたもおられませんでした。
ただ、私はここに来ると たくさんの問わず語りの言葉を思い出します。
それは、収穫への感謝の言葉であったり、
嫁や家族を思う言葉であったり、
働くことへの感謝の言葉です。
だれに話すわけでもなく、自分に言い聞かせているように笑顔で皆様語られる言葉がここにはあります。
そんなこと、あんなことを思い出しながら、
作ってみました。
働いたら、働いた分だけ
何かを手にして 何かを思ってこられた人の歴史は偉大ですね。
私も母もまた、
そのように生きております。
そんな年を重ねられればと思います。

いつも素敵なコメントをありがとうございます。
Commented by 11hiyo at 2013-02-12 00:03
ひろままさん!

こんばんは~
田んぼの風景はよい場所です。
私は二年ほど足繁く、ここに通ったことがありました。
春泥に足を取られて苦戦する農夫や
用水から水をくみ上げては畑に蒔き続ける農婦。
たくさんの人の営みを見せていただきました。
そして、「ええ、風景だろ。写真、撮っておいてくれよ」
などと言われて 嬉しくなって写真を撮ってきました。
水持ちの良い田にするには
畦をしっかり作らねばなりません。
稲科の雑草を刈り取るには急斜面の草刈りも必要です。
それらをリズミカルにこなす人々の姿は
とても心に深く残るものです。

一時、私はミジンコに凝っていたのですが、
その時も 「うちの田んぼで育ったのか」と
幾人もの人と一緒にルーペを覗きもしました。
ミジンコにもいろいろな種類があること、
季節による形態の変動などをお話ししましたら、
本当に嬉しそうにされていました。
ここはそうした人の心のふるさとだと思っています。
私はここでたくさんのことを学びました。

素敵なコメント、ありがとうございます^^