たなぼた

ねじの夢

d0265224_0533948.jpg



昼のねじは昼をとめ  





d0265224_11042.jpg



黄昏のねじは 夕日をとめる


d0265224_17737.jpg



月明かりが下りてきて
ようやくねじは眠りについた






※ 画像が見られなかったとのご指摘を受けました リサイズしたものを以下に再掲しました。



d0265224_227622.jpg


d0265224_2271233.jpg


d0265224_2271950.jpg





  
by 11hiyo | 2013-02-13 01:10 | asita | Comments(4)
Commented at 2013-02-13 13:11
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 11hiyo at 2013-02-13 19:06
鍵コメさん!
すみません、少し問題点を洗ってみますね。
いつもありがとうございます。
Commented by roseyrosey at 2013-02-13 20:58
こんばんは。

ボルトの錆具合、そしてhiyoさんの添えられた言葉に
人の一生を被せてしまいました。

では、暁のねじは。。。なんだろうなって。

暁のねじは、生をとめ かな。
Commented by 11hiyo at 2013-02-14 00:37
roseyroseyさん!

こんばんは~
そうですね、暁を飛ばしていますね。
「生をとめ」
いいですね。
生きること、生かされていること、命のこと、
みんなひっくるめて 「生」 素敵ですね。

ねじで留められて
しっかり地に足が付いて 
これでもう どこへでも歩いて行けて
う~ん 書いている間にスフィンクスの謎を思い出しました。
やっぱり、ねじには人生が重なるのでしょうか。
膨らみますね、この問い^^

少なくとも・・・
ねじが外れて フニュフニュにならないように
します~~~(^^ゞ  がんばれ、頑張れ!