たなぼた

わたしは わたしの なまえを よんだ

d0265224_23222133.jpg



ひとりぼっちじゃないことを 幾度も知って  

それでも  一人になると淋しくて 自分の名前を 呼んでいた
  
  

私はここにいる 私の名前を呼んでちょうだい



 
by 11hiyo | 2013-02-14 23:29 | asita | Comments(6)
Commented by roseyrosey at 2013-02-15 01:31
冬の日差しが煌めいて、道標のような大木の映り込みが
キレイです。左側の女性はもしかしてhiyoさんでしょうか?

ひとは、決してひとりぼっちじゃないのに、抱えきれない孤独を
感じてしまう生き物。ヒト以外の生き物は、生まれた時から
1人で生きていかなければならないから、孤独という概念は
ないのかもしれないですね。
Commented by 11hiyo at 2013-02-15 08:41
roseyroseyさん!

おはようございま~す

そうなんです、左側の人間は私です。
冬の日射しがガラスの中で拡散して
あんなに大きな木の影さえ 柔らかに溶かしていきました。

孤独は不思議な生き物ですね。
幸せの絶頂にさえ訪れることができる。
そのくせ、不幸のどん底に希望を運ぶこともある。
でもねぇ、難しいことを捨ててみたら、一人は嫌だな。
この一言に尽きますね  (^^ゞ

言葉という社会(概念を形成する人のつながりと言葉の海)をつかって
孤独を感じる人間は 
人以外の生き物の中では 
不自由な孤独を生きるのかもしれませんね。
う~ん 朝から哲学ですね^^
あ、でもこう置き換えると……

一緒にいたいよ!

これならば どんな生き物にも一緒の思い?
…… だんだんわからなくなってきました…… (^^ゞ
う~~~ん (^^ゞ (^^ゞ
Commented by zosanjyoro at 2013-02-15 10:27
おはようございま~す ^^
めちゃめちゃスタイルのいい~hiyoさんが入ってて
さらに煌いてますね~
人間は集団に慣れてるから 一人になると寂しくて耐え切れない
ものですね
動物を見てると 一人ぼっちで寂しくないのかなぁ~って
思うけど 一人ぼっちというのがないんですよね・・・
ジャングルや北極とか一人ぼっちでも生き抜いて行かなければ
ならない過酷を思うとすごいなって思います
柔らかな陽射しに大きな木のシルエットがステキですね~ ^^
Commented by wind-obaba at 2013-02-15 20:44
hiyoさ~~ん、呼びました。。。
私の名前も呼んでちょうだい^^;;
Commented by 11hiyo at 2013-02-15 21:06
ひろままさん!

こんばんは~
ひろままさんのコメントを読んで
roseyroseyさんが言いたかっただろうことを思いました。
それはとても大切なことでした。

動物は一人で生きていること。
ひろままさんもroseyroseyさんも間近に動物と接していて
人間とは違う価値観があることを知っておられたのですね。

私はもっとそのことに素直にならねばなりませんでした。
自分が持っている観念(固定観念、あるいは 融通の利かぬ観念)から離れて
そうなんだなあと思えること。
別の視点を持てること、
大切なことをお二人に教えてもらいました。
ありがとうございます!    m(_ _)m
Commented by 11hiyo at 2013-02-15 21:09
wind-obabaさん!

ご無沙汰していま~す。
もう何度も呼びましたよ!

windさん!
windさん!
windさん!

お元気ですか?
神さまがまた微笑みますように。
もうすぐ春ですから。
万物が生きる力を増す季節。
windさんとお名前を声に出して、お祈りしていま~す(^_^)