たなぼた

風待ち草

d0265224_2157031.jpg



風を探し

風を感じよ

風のある峠にでたら 一度だけ 振り返ってみよう   
by 11hiyo | 2013-02-15 22:03 | asita | Comments(4)
Commented by roseyrosey at 2013-02-16 14:55
こんにちは。
こちらは気持ちのいい快晴ですが、ビュービューと風が吹いている土曜日です。

風待ち草。素敵な言葉ですね。
「風を読む」「風に聞け」など、大事な岐路に立った時
風をちゃんと感じ取ること。。。
風を読めずに、漂流しまくりの我が人生 ですが・・・(^^ゞ
Commented by zosanjyoro at 2013-02-16 19:10
こんばんは~
ステキな雰囲気のお写真ですね~
空は見るけど 風って案外気づきながら歩かない時があります
色んな風が日ごと吹いてるから もっと肌でだけじゃなくって
心にも感じれる余裕が欲しいと そんな事を思いました ^^
Commented by 11hiyo at 2013-02-16 22:56
roseyroseyさん!

こんばんは~
風待ち草、ホウキギの根っこでした。
 聴いていませんか (^^ゞ
寒風に吹きさらして乾かして その茎で箒を作ります。

風、わたしも読むのが苦手です。
追い風に乗って! というかっこよさは一歳ありません。
左うちわにも無縁です。
どっちかというと向かい風。
そうしたら ある人が言うのです。
向かい風、いいんじゃないの。足腰が強くなる。
 ……

で、この話
思うところがありました。
風に乗るには 仕掛けなくっちゃだめだと。
風が来た時の風に乗れるように準備しなくっちゃと。
そうしたら風を待てる。
待って その風が来たら
もう振り向かないぐらいの覚悟 できたらいいなぁと。

私も漂流しまくり人生です。
それでも 風を待てたらいいなと思います。
コメントありがとうございます。
Commented by 11hiyo at 2013-02-16 23:02
ひろままさん!

子どもの頃は 風を感じることが よくありました。
海のように 山にも凪ぐ時間があったり
雨を知らせる風がありました。
都会に暮らした時期は風はどこか人工的で
あまり意識をしないものになりました。
松本に暮らすようになって
再び、風を感じるようになりました。
天気の節目、時間の節目、季節の節目、
節目ごとに風は吹きます。
自然の営みに包まれていることを知って
心が豊かになっていったように思います。

とか言って
天候の変わり目の突風は なかなか なかなか です……。
嵐のようです。
そんな日は風を感じても 心に余裕はありません^^
う~ 格好いい事 書かなければよかったです (^^ゞ