たなぼた

たそがれ

d0265224_2057585.jpg




長い待ち時間の末 ようやく一日が終わる  あたりは黄昏れていた


窓の明かりを 集めて のこりの桜が 揺れていた


僅かな明かりの中だからこそ見える 美しさもあるのだと 教えられた





d0265224_20582543.jpg



たそがれは やさしかった


d0265224_2124439.jpg

by 11hiyo | 2013-04-17 21:05 | sora | Comments(10)
Commented by shima_shima1225 at 2013-04-17 21:36
うわぁ~黄昏の桜、、初めてかも、、素敵!
残った花びらの気持ちが黄昏時と重なり合います。
地面に散った花びら、、まるで雪のようですね。
Commented by masatomi19 at 2013-04-17 21:48
うわぁ~幻想的です!
メルヘンの世界へ引き込まれた様です。
宮崎では無理ですが、また桜に会いたくなりました。
Commented by shizuku0826 at 2013-04-17 22:01
こんばんは。
こちらからも、うわぁ~
もう全部の写真にため息が出てしまいました。
Commented by 11hiyo at 2013-04-17 23:40
マトリョーシカさん!

こんばんは~
黄昏の桜、大好きなんです。
きっと、これは薄墨桜だとか 駒止めの桜だとか
ちょっと妄想に浸りながら だんだん夜にとけていく桜を見るのが好きです。
そして、夕方近くに降った花吹雪の
すぐさま枯れ枯れにならずに雪のように柔らかに積もっているのも
好きです。
要するに黄昏が好き ということのようです。

いつも素敵なコメントありがとうございます。
Commented by 11hiyo at 2013-04-17 23:42
いちご屋さん!

こんばんは~
そちらはもう早苗も植え終わった様子。
早いですね。
こちらは まだ田には水も入っておりません。
桜、ブログの上なら北海道まで追いかけられますね。
それぞれの地の桜を見るのは楽しみです、

コメントありがとうございます
Commented by 11hiyo at 2013-04-17 23:44
雫さん!

こんばんは~
全部なんて言っていただいて ありがとうございます。
モデルになった桜が喜んでくれることでしょう。
もちろん、わたしが一番嬉しいのですけれど^^
季節がどんどん移ろっていきますね。
桜が終われば花水木。
あれもこれも 花を追いかければ 瞬く間に秋が来そうです。

いつも素敵なコメントをありがとうございます。
Commented by zosanjyoro at 2013-04-18 17:41
hiyoさん こんにちは~ ^^
たそがれの桜 何て美しいんでしょ~ ^^
落ちてしまった花びらも散りかけてる花も きっとお月様と
お話してるんだと思います
お月様もずっとこの桜の木を見て来て見守ってくれたんですよね
とても風情があって愛おしいお写真ですね *^^*
Commented by roseyrosey at 2013-04-18 18:58
こんばんは。
素敵素敵〜♡
見ているだけで、頭の中に物語がどんどん湧いてきました。
どんなストーリーかは、妄想なのでヒミツ^^
1枚目の黄昏の中にほんのり浮かび上がった桜、ため息です。
こんな撮り方、してみたい!hiyoさんのお写真に私の妄想は
暴走機関車のごとく止まりません(^^ゞ


Commented by 11hiyo at 2013-04-18 20:24
ひろままさん!

こんばんは~
黄昏の桜はきれいですね。大好きです。
ちょうど西の空にお月様が昇っていて
淡い光を落としていました。
おぼろにな光は 確かに桜と桜を見る人を照らし出していて
なんとも優しい夕暮れでした。

お月様はのぞき込むのが大好きで
それぞれの窓の下、空の下に広がる物語を
欠けながら満ちながら見つめているようですね。
ふと、アンデルセンの物語を思い出しましたが
いかんせん、どうしてもタイトルが思い出せません。
困りましたねぇ。年には抗いがたいと思う昨今です (^^ゞ

素敵なコメントをありがとうございました^^
Commented by 11hiyo at 2013-04-18 20:28
roseyroseyさん!

こんばんは~
妄想していただいて、ありがとうございます。
きっと、素敵な物語になって、そのうちわたしの耳に返ってくるのではと これもまた 妄想している次第です^^
妄想の妄想。楽しいですね。

窓明かりにほんのり浮かんだ桜。
もうまばらになっていました。
今日おなじ所を通りましたら
すっかり葉桜になっていました。

そして、昨夜から無性に海が見たいわたしです。
海 春の海のなだらかな波の背。
そっと、数えてみたいです。

コメント、ありがとうご逢いました。