たなぼた

d0265224_2071046.jpg



落ちてしまった ソメイヨシノの はなびら しっとり 繊細な 触感  

悲しいことは みんな空に泪したんだ  たちまち 乾く その花びら  

薄桃色のまま もう 透明じゃない   





余談ですが・・・


d0265224_20154211.jpg



日は傾き 元気印の 八重桜が 咲き始めました
by 11hiyo | 2013-04-18 20:14 | sora | Comments(8)
Commented by roseyrosey at 2013-04-19 11:55
こんにちは。
駆け足でやってくる春のリレー走者。もうソメイヨシノから
八重へバトンタッチされたんですね^^

櫻は何に泪したのでしょうか。用水路に落ちていた櫻、
空受けて咲く蒼穹の櫻、そして泪する櫻と連作のような
気がして hiyoさんの言葉を繋いでしまいました。
青みがかった薄桃色、泪色とはこんな色かもしれませんね^^


Commented by zosanjyoro at 2013-04-19 17:32
こんにちは~ ^^
みんなからキレイだね 可愛いね 美しいねって言われる桜も
こんなに泣いちゃう時があるのかな・・・
きっと今年もこの季節にちゃんとキレイに咲いていられたから
感動したんですよ・・・悲しくて泣いたんじゃないと思いたいです
背景のボケと濡れた花びらの淡いピンクがとってもキレイですね
八重桜へのバトンタッチなんですね
夕陽も見守ってくれてますね ^^
Commented by shima_shima1225 at 2013-04-19 18:26
こんばんは♪
あぁ、、きれいだぁ・・・
ただただそう想いながら眺めていたい風景です。
Commented by 11hiyo at 2013-04-19 23:26
roseyroseyさん!

こんばんは~
駆け足のリレーですね。
バトンの間が短すぎて目まぐるしいですね。
飽くことなく空や花や大地を眺めています。
それにしてもroseyroseyさんのご指摘は鋭いですね、
書き出していただいて 自分でもドキリとしました。
少し、体調を崩していました。
それは毎年年春の恒例行事なのですが、
一度悪くするとなかなか身体がウンと言わずに
いろいろとものを思うことが増えて困っています ( ̄∇ ̄);

それでも、意を決して病院に行ってきて
大嫌いなお薬をもらって今日の夜辺りから
ようやくちょっとだけ元気になってきました。

病院の帰りの車の中で
なぜだかアラーキーの奥さん言葉を思い出しました。
黄疸で真っ黄色になった陽子さんは黄色い涙を流しながら
死にたくない だったか まだ生きていたいだったか
懸命にアラーキーに伝えようとするのですね。

追加処方されたお薬の副作用で、か~るい心不全症状が出る私。
やっぱり、死にたくはないなって
とうてい死ぬ病気でもないのに
生きているってことを 心の深いところで実感していたのでした。

鋭い洞察コメント、参りました。そして。ありがとうございました。
Commented by 11hiyo at 2013-04-19 23:35
ひろままさん!

こんばんは~
桜は毎年、同じ時期に 大きな喜びを運んで咲いてくれます。
これからは万物が美しく輝く季節なんだよって。
病院勤務がある程度長かった私は
勤続年数分の桜の季節を見てきました。
元気になっていく患者さんには喜びの桜。
そうでない人には喜びと今生の別れを思う桜、
複雑に絡み合ってお過ごしになることもありました。
言葉にはならずに ハラハラと涙が頬を伝って
かける言葉もなく 音もない世界を一緒に過ごしたこともありました。

桜は経った2週間で散って行ってしまいますが
その間に眺めた光景をしかと葉に宿し、
幹に蓄え 次の年の喜びに育ててくれるのかもしれません。
悲しいこと、嬉しいこと、すべてそのままを受け止めて
なにも語らない。
日本人の大切にしてきた文化のような、
寄り添うものの静かな海を見るように感じることがあります。

コメントありがとうございました。
ひろままさんの優しさは天下一品です^^ ありがとうございます。
Commented by 11hiyo at 2013-04-19 23:37
マトリョーシカさん!

こんばんは~
ああ、きれいだぁ・・・・
なんて言っていただけて とても嬉しいです。
最近思います。
本当に心から感じた時、
言葉はいらないなと。
言葉があっても、ああ。とか、 きれいとか、すてき とか
それぐらいしか出てこない時。
そういうのを至福の時というのかもしれないと
思います。
わたしですか。もう、言葉にならないほど、
マトリョーシカさんのコメントが嬉しいのでした。

コメントありがとうございます^^
Commented at 2013-04-20 01:42
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 11hiyo at 2013-04-20 10:34
鍵コメさん!

おはようございます。
そうでしたか・・・、よくぞ生き残ってくださいました。
そのおかげで良い縁をいただくことができました。
そして、奇跡的生還にいたる道程の長さと重さはどれほどだったかとお察しします。
そして、今。そんなことがあったとはチラリともみせずに
時を重ね、語らいを大切に過ごされていること
尊敬するばかりです。

おまけの人生。
それは大切な心かもしれません。
どうあがいても人生(人の命)は頂き物です。
生きている間はその時々を大切に、
その時々を楽しまなければ勿体ないですね。
おまけと思えば もっと深く 愛おしく 生きていることに
感謝できそうです。
そして、関わってくださる人やあれこれに
優しくなれるかもしれません。

上手く言葉が紡げませんでした。
まさに、そういう現場にいましたので
走馬燈のようにその時の情景が浮かびました。
泣きながら 泣きながら 未来を願っていた 
今を必死に支えようとしていた時。
頑張りましたね。

鍵コメさんの今と未来のご多幸を祈っています。
お見舞い、ありがとうございました。