たなぼた

はね

d0265224_20534226.jpg


d0265224_2054585.jpg






一枚では 空を飛べない はね の  

 集まって 翼となって  

片翼だけでは 飛べない はね  

 
 
by 11hiyo | 2013-07-19 21:06 | sora | Comments(6)
Commented by groovy-days at 2013-07-19 21:38
ほんと、そうですよね!
羽一枚では飛べないし
翼になっても片方だけじゃ飛べないし・・
いろいろ焦らずに
ここぞ!っていう時まで
じっくり羽づくろいも必要なのかも☆
何事にもいつも自信がなく、飛べずに時をすごし・・
焦って飛んで大けがをしたり(苦笑)
気づけば人生折り返し地点をとうに過ぎ・・(汗)
勇気いただきました(^^)/
がんばろ~っと☆

Commented by 11hiyo at 2013-07-19 21:54
Janeさん!

こんばんは~
え~、Janeさんがんばっているじゃないですか。
キラキラして見えます。
音楽に英語に薔薇の栽培。
素敵だなあ といつも思っています。
羽にちょっとした、こだわりがあります。

で、ここだけの話ですが、 ( ̄∇ ̄)
18歳、近くの野鳥園に保護されたカモメがいました。
釣り糸で片方の翼を失っていました。
餌場に行っても餌も食べられず、まっすぐ立つのも大変そうでした。
でも、3年経ったら、ちゃんと木の上の方まで片羽根、両足で移動できるようになっていました。
あきらめない力が明日を連れてくるのだと
私はカモメに教えられました。
 片羽根でも飛べると。

小さな羽根の、小さな力の
いつしか違う空を飛んでいる。

羽根は私にとって大切な意欲の源です。

コメント、ありがとうございました。
Commented by shizuku0826 at 2013-07-20 08:42
おはようございます♪

諦めないカモメ
数年の努力、諦めないあなた←カモメに降参です。
素敵な話をありがとうございました。
勇気百倍、カモメさん嬉しいなぁ~♪
Commented by 11hiyo at 2013-07-20 20:08
雫さん!

こんばんは~
このカモメさん、だんだんキレイになっていきました。
凛とした目でした。

あきらめないこと 大切なことですね。
雪の日も、雨の日も、晴れの日も、
たくさんの勇気をもらいました^^
いまでも変わらず、嬉しいです。

で、ここに書いてなんなのですが、
お腹をだしていた猫ちゃん、飼い主さんだけに見せる表情。
そうか、そうかと眺めている雫さん。
ジーンと来ました。暮らしの柔らかさ、並べてすてき。

コメントありがとうございました。
Commented by roseyrosey at 2013-07-21 00:56
こんばんは。
以前に拝見させていただいた、「おじいちゃんと切手たち」でも
羽がモチーフに使われていましたし、先だっての我風展の
作品にも鳥が使われていたことを思い出しました。
諦めないカモメのお話を読んで、「生きる」ということ、
また一つ勉強させていだいた気がいたしました。
やめてしまえば、そこでお終い。生き物にとってはそれが
直接死に繋がること、、、。
「生き抜く」最近、ぐるぐる頭を廻っている言葉です。
そしてどんなに辛いことがあっても「生きてる限り再生可能」
ですね。
Commented by 11hiyo at 2013-07-21 10:07
roseyroseyさん!

おはようございます。
はね、好きですね。というのか、鳥好きなのです。
小さい時からたくさんの小鳥を飼っていて
 最盛期はジュウシマツが104羽とか文鳥が32羽とか+α
 増えすぎというのです・・・
鳥との時間がこの年になっても流れているようです。

生きることは難しいことです。
ご近所の雀は5羽ほど孵って1羽巣立ち、
2番目の繁殖期にも1羽しか巣立たすことができませんでした。
生き残ったものたちは 生き残ったものとしての生を
生ききるしかないのだろうと 
この時期になるとより深く思います。

そうですね、生きている限り再生可能。
生きることの傷はいつか生きるための傷=糧にもなりますね。
どっちを向いて生きていくのか。
それがとても大切。
一ミリでもずれたら違った価値が生に新たな彩りを与えてくれる気がしました。
そんなことを思わされるメッセージでした。

コメント、ありがとうございました。