たなぼた

9月の雪

d0265224_1927427.jpg




 

一つ答えが出ると それは腑に落ちて    

仄かに光るんだ 雪のように   

この9月の たそがれに  
by 11hiyo | 2013-09-04 19:34 | Hikari | Comments(17)
Commented by shima_shima1225 at 2013-09-04 20:37
もう素敵としか・・・
雪が見たくなりました!
Commented by 2-52-5_na-go at 2013-09-04 21:42
このあいだは、コメントありがとうございました(^^ゞ

いつも素敵なお写真に癒されております、ありがとうございます

これからもブログ拝見させていただきますね (*^^*)
Commented by 11hiyo at 2013-09-04 22:39
マトリョーシカさん!

こんばんは~
ね、雪見たくなりますよね 
雨夜のフラッシュ、雪が見たくなったら
時々、遊んでいます。
寒くなれば寒くなったで 文句を言うのでしょうが
夏にあって雪恋し、無い物ねだりの憧憬ですね^^

コメントありがとうございました!
Commented by 11hiyo at 2013-09-04 22:43
なーごさん!

こんばんは~
プレゼントの小鳥さん、とっても可愛いですね。
枕もピックも^^
心のさえずりが聞こえてきそうです。
こちらこそ、または意見させてくださいね (^_^)

コメントありがとうございました!
Commented by wingrapher at 2013-09-04 23:50
こんばんは^^
暑い日もそして雪の降る日も変わらない営みをしみじみ感じる作品ですね。 いいなぁ 暖かいなぁ^^
Commented by 11hiyo at 2013-09-05 00:38
wingrapherさん!

こんばんは~
暖かいという言葉、嬉しいです。
営みの帰る場所があること CASA は永遠のテーマかもしれません^^
コメントありがとうございました!
Commented by 11hiyo at 2013-09-05 00:40
なーごさん!

今、読み返して焦りました。
また拝見 と書こうとしたのに 「または意見させて」!
なんと漢字変換の一字違いのスタートの不遜なこと。
謹んでお詫び申し上げます。
ごめんなさい^^^    恥ずかしいです。
Commented by roseyrosey at 2013-09-05 00:50
こんばんは。
すてきなタイトルですね。このタイトルだけで、しばらく
いろんな空想が広がってしまいます。
アパートの二階の外廊下の人影、あの灯りの中にそれぞれの
人生が詰まっていて。それだけで何か愛おしいような気持ちに
なりますね。雪の正体はフラッシュでしたか。。^^
Commented by robirobi0807 at 2013-09-05 05:09
雨 まるで下から上へ降っているようですね^^
Commented by zosanjyoro at 2013-09-05 16:32
hiyoさん こんにちは~ ^^
有難うございました
職場の方や家族もみんな元気なのに また何で私だけが
元気じゃないんだろうってちょっとへこみましたが
気分が大きく左右するので 前向きに行きますね ^^
みんなに迷惑をかけたくないと思うと余計に体が緊張しちゃってね
でも今回はひどくなくておさまったので一安心しています
いつもいつもホントにお気遣いくださって感謝しております
夜の闇に浮かぶ鉄塔やアパートの人影が私にはとっても
温かく感じます
いつもステキなお写真が心に染み入っております ^^
Commented by 11hiyo at 2013-09-05 19:48
roseyroseyさん!

こんばんは~
アパートの人影に気がついてくださって 流石!
ありがとうございます。
灯りに帰っていく人のシルエットは
その向こうにあるだろう暮らしを想像させてくれますね。
季節は秋、そしてクリスマスへ(なんと気の早い!)
灯りが恋しくなる季節も間近ですね^^

コメントありがとうございました。

ちなみに
フラッシュね、焚くと 一斉に振り向かれます 
何せ、田舎ですから 遮るものがありません (^^ゞ
Commented by 11hiyo at 2013-09-05 19:50
ロビーさん!

こんばんは~
早起きなんですね!
で、いわれてみると、下から上に見えるので不思議です。
きっと上昇気流を捕まえろとの啓示?
捕まえてください!

コメントありがとうございました!
Commented by 11hiyo at 2013-09-05 20:28
ひろままさん!

こんばんは~
かえって気を遣わせてしまったでしょうか。
そうだとしたら、ごめんなさい。

そうですね、私もそういうこと、たくさん思いました。
何でなんだろうとか、不条理だなとか、
いろいろありますね。
ユルユルすればいいと思うのにですね
いつもかつかつと・・・
 似ているのかしらと 勝手に想像。
だから、ちょっと心配で・・・・

雨が上がったら 深呼吸大会しましょうか。
吸って吐いて、吸って吐いて、
頭がボーッとするぐらい吸って吐いて
最後にケラケラッて笑うやつ ♡
心も秋の青空になるまで^^
いっしょに楽しめたらなって 思います^^

Commented by groovy-days at 2013-09-06 00:44
こんばんは☆
素敵なタイトルに素敵なお写真♪
そして
添えられた言葉が・・・
残響となって
心に響きます。
hiyoさ~ん、惚れてまうやろ~~☆

Commented by 麻乃あぐり at 2013-09-06 00:50 x
こんばんは、11hiyoさん。
麻乃あぐりです。

ほんとに雪のように見えますね。
素敵な写真!
添えられた情感あふれる言葉も、
雪と同様、光り輝いて感じられます。

まったく関係のない話ですが、
タイトルの「9月の雪」から、
宮部みゆきさんの短編作品『八月の雪』を思い出しました。
これほんとに関係のない話です(笑)。
Commented by 11hiyo at 2013-09-07 00:21
Janeさん!

こんばんは~
惚れちゃいましたか 嬉しいです (^Д^)
田んぼの真ん中で雨が降り始めて
それでもシャッターを切った甲斐がありました!
プレビュー画面を見ながら まるで雪だなって・・・
神さまの贈り物ですね。
その時、その場に居合わせなければ出来得なかったこと
その時、その人に出会わなければ出来得なかったこと
仄かに、やがて確かに光る 贈り物ですね。

コメントありがとうございました。
 お返事が遅くなって ごめんなさい。
Commented by 11hiyo at 2013-09-07 00:44
麻乃あぐりさん!

こんばんは~
拮抗する季節、曖昧な季節を迎えましたね。
季節が仄見えた時はワクワクするのに
去って行くものの影がハッキリとわかると
急に、行かないでちょうだい、そんな気持ちになります。
人間って不思議に出来ていますね。

宮部みゆきさん「八月の雪」、未読です。
ネットでちょっと調べてみたら2.26事件がらみなのですね。
それで思い出したのですが私の祖父は、
2.26事件の夜、小走りの軍靴が自宅前を通過したのを聞き、
何が起こったのか理解できず怖がっている家族を宥め
息を潜めて一夜を過ごしたそうです。
翌朝、血染めの雪となった雪に時代が変わると思ったと言いました。
あらら、思い出してしまいました。
人の記憶って不思議ですね、呼び水のように・・・

コメント、ありがとうございました^^