たなぼた

帰還

d0265224_2193460.jpg



魂が帰還した 
生まれいずる喜び  

ほらね ぴょんと跳んで ぴょん 


ようやく一区切り 郵便が返送されるまで^^ 
でも嬉しい 

今日こそは早く寝ます・・・ もうヨレヨレ・・

※ 屁理屈ですが、忙しいって心を亡くす書きますね。だから忙しくなくなって帰還。
by 11hiyo | 2013-11-28 21:19 | Hikari | Comments(8)
Commented by hanapepelife at 2013-11-28 22:43
こんばんは♪
やっと一息つかれたんでしょうか。
お疲れ様でした。
帰還出来て嬉しいですよ~。
少しは体も休めてくださいね。
Commented by roseyrosey at 2013-11-28 23:31
こんばんは。
無事のご帰還、お疲れさまでした!
心を亡くす、漢字って分解すると面白いですよね。
成り立ちとか、昔の人はどんだけの想像力なんだろうって思います。
きっと生きていくには、想像力を働かせないといけないことが
いっぱいあったのでしょうね。
お疲れが響きませんように。。。ゆっくりおやすみくださいませ。
Commented by shizuku0826 at 2013-11-28 23:42
こんばんは♪
お疲れさまです。
寒くなりました
ゆっくりお休みなさい。
Commented by zosanjyoro at 2013-11-29 01:02
こんばんは ^^
一息ついたのでしょうか・・・お疲れ様でした
漢字ってよくできていますよね
人の形や仕草 色んな事を思い描きながら文字を作ったのかと
思うと 考えた人はすごいし長い年月を経てもなお使われてる
事が素晴らしいと思います
確かに忙しい時って心を亡くしてるのかもしれませんね
お写真を拝見してると 沈んでいたhiyoさんがぶくぶくと
浮かんで あ~帰って来た~って顔を出すみたいだなって
思いました どうぞゆっくりお休みくださいね ^^
Commented by 11hiyo at 2013-11-29 21:50
hanapepelifeさん!

こんばんは~
今日はそちらでも雪だったのでしょうか。
車中のラジオが盛んに西国の天気を伝えていて
九州も寒くなったのだと知りました。
何時も温かいお言葉を頂戴しています。
コメントにホッとする時間をいただいている私です。
ありがとうございます^^

せっかく帰還しましたので
たくさん、深呼吸して笑って もっと笑って 笑おうと思います^^
それから、たくさん寝ますね (*^▽^*)/♡
Commented by 11hiyo at 2013-11-29 21:54
roseyroseyさん!

こんばんは~
本当に漢字って面白いですね。
連想ゲームをしているような、ジグソーパズルを解いているような
人と暮らしが詰まった過去からの贈り物ですね。

今年も流行語大賞の候補が挙がりましたが、
その中でも歴史に埋もれず生き残る言葉があります。
同じように文字というツールを手にした人々が
いろいろな文字を発明して定着させようとして
選ばれて残った言葉が今の漢字なのでしょう。
淘汰されてきたとも・・・
自ずから人の心のなにがしかの琴線に触れるものがあるとして
それを感じられる私でいられたらな~と
コメントを読んで思いました。

あ、ただいまぁ~!
Commented by 11hiyo at 2013-11-29 21:57
雫さん!

こんばんは~
桜島も冠雪と今朝方のラジオが告げていました。
そちらも寒いのですね。
白い帽子をかぶった桜島、少しは噴煙が減ったでしょうか。

それにしても、寒くなってしまいましたね。
ちょっと前までは 暑い 暑いと バカの一つ覚え
今では 寒い 寒いと バカの一つ覚え
生きているってことですね (・∀・) キット・・・

休める時に休みますね。
温かいコメントありがとうございます!
Commented by 11hiyo at 2013-11-29 22:09
ひろままさん!

こんばんは~
そうなんですよ、沈んでいたhiyoさん、
こんな所からぷくぷく浮かんで来ました (^^ゞ

ここは松本パルコの北面 湧水で繋がったセセラギ?のような
ステンレスの編み目からプクプク水が上がってきます。
いい風情ですよ^^

漢字、不可思議な魅力を何時も覚えます。
鱗と隣と燐 麟 驎 嶙 撛 橉…… 
みんな「りん」と読むのですけれど
「りん」のもとって何だろうと思うと
この米を書いての右側 庶民の意味なのですって!
えっ、隣ならわかるけれど
鱗って 魚の庶民?
麒麟の 麟って 鹿の庶民?
と・・・・ はてなき疑問に埋もれて物語の一つなど・・

たのしいですね^^  コメントありがとうございました。