たなぼた

花の頃には

d0265224_19321252.jpg


花の頃には 一年で一番空を見る 


d0265224_19313795.jpg



d0265224_19351291.jpg

空を見上げれば おのずから 
明日を捕まえにいこうと感じるのだから 
人の心のなんと 身体と繋がっていることだろう 


d0265224_19492463.jpg


by 11hiyo | 2015-04-27 19:39 | sora | Comments(2)
Commented by roseyrosey at 2015-04-28 19:40
うっとり。。。
酔いしれました。
3枚目。。。
大根の月、向田邦子さんを思い出しました。

そうですか、空を見上げてばかりいる私ですが
明日を捕まえようとしているんですね。
納得です^^

Commented by 11hiyo at 2015-04-28 22:58
roseyroseyさん

こんばんは~
ありがとうございます。
コメントをいただいて思い出したのが
石川県ののと海浜道路です。
 ・・今ではのと里山海道というらしい・・
この時期になるとニセアカシアと松の木の足下に
おびただしい野大根の花が咲き乱れていました。
のと海浜道路の走る場所は西日の落ちる場所。
落ちきる寸前の西日がその野大根の花の上を滑って
どれほどきれいだったことでしょう。
一本ずつを見たら寂しいその花も
マスで見れば黄金色のカーペットでした。

向田邦子さんの表題のテレビ番組も本も未読、未試聴。
とても残念です。
まあいいか、これお隣の家の山桜なのです。
 開き直り?

櫻が咲く頃は空までピンクですね。
見上げて、見上げて、とうとう小惑星まで行ってしまって
人類は見果てぬ夢を形にしていく歴史に立っていますね。
佳い明日が来ますように^^