たなぼた

生存

d0265224_20060799.jpg

かたちは生まれた 

d0265224_20062243.jpg
生が 認められて 在ること 

d0265224_20054695.jpg
生存と書く



※ 


今日はそんなお話を聞いてきました 
慌ただしく過ぎた3ヶ月の ひとつ区切り 
なんだかジーンときました 

※ 


よく見聞きする だれかのために なにかのために って言葉 
ほんとうは 
その誰かのためでもあるけれど 
私って人が 生きていることを みとめられ 私自身がみとめる 
そんなプロセスでもあるのかなって 

あるいは 

でこぼこの私には できないことがたくさんある 
だから だれかが手伝ってくれて 
私はありがとう 嬉しいよって 伝えられる 
もちろん 
 私は太陽のようにかがやいていないけれど 
まわりの人のかがやきで てらしだされて 
ポッと ひかることができる 

生存 
生きる/生まれる を みとめる こころ 
すてきだなー 

お話の内容からはほど遠い かってな意訳ですけれど 
残しておきたくて 記しました 


 





by 11hiyo | 2015-07-04 20:42 | hikari | Comments(2)
Commented by budoudana-de at 2015-07-04 22:11
こんばんは~。
hiyoさんも茜も人には見えない光を放出しているんですよ。
この世にあるすべてのもの、気の根っこにさえ内から湧き出る光が・・・
hiyoさんのお写真からもそんな光をいつも感じています。
意識の無い世界のだからこそ、素直な視点と努力、工夫が継続できるんだと思っています。
Commented by 11hiyo at 2015-07-05 09:20
茜さん

おはようございます^^
お心のこもった過分なお言葉をいただきました。
ありがとうございます。

それぞれの人のそれぞれの光、
しっかり受け止めて、自分自身の光もまた見いだしていきたいです。

>意識の無い世界のだからこそ、素直な視点と努力、工夫が継続できる

このお言葉、深いですね。
お花もきっと一緒なのでしょう。
それぞれの花のかたちを活ける、きっとそこに無意識に働く着眼点であるとか、素直な喜びであるとか、積み上げられた経験であるとか、創意工夫が生まれ出る。
茜さんの日々の実践が溢れ出ているようで
背筋がぴーんと伸びました。
頑張っていきたいと思います。
ありがとうございます^^