たなぼた

d0265224_00530056.jpg

漠:広すぎてとらえどころがないこと 

どんな言葉もウソになるね  
と呟く運転席の愚息君と 海を北上 
延々 何キロメートルも人に会わなかった 

いろいろあって どうしても 訪ねたかった 
訪ねなければならないと思っていた 
訪ねた先で 
死者の話 湖の話 放射能の話 見えないと言うこと 郷土愛・・ 
絞り出すような 呟くような そんな話をうかがった
最期にうかがった言葉は  

それは本当に綺麗な所だったんだよ 

だった 
その場所は 延々の草原となっていて 随所にドーザーやショベルカーがあって 
それらが掘り出した土が 黒々と空に向かって光っていた 

  



by 11hiyo | 2015-08-09 01:05 | asita