たなぼた

パラレル

d0265224_22111583.jpg




by 11hiyo | 2015-12-02 22:20 | sora | Comments(8)
Commented by lagoonchii at 2015-12-03 01:06
少し前から、いつも拝見させて頂いております。
みな真っ直ぐ立っているのですね。
色合い、質感に見蕩れておりました。
美しいですね。
Commented by a-ki_la at 2015-12-03 08:11
まさか樽型歪曲を糸巻型にする途中?!...なーんて黒いこと考えてみたりもしましたが´д` ;
映り込みでしょうか。
色合いも素敵で、ちょっぴり怖くて不思議な世界にすっかり魅了されています。

↓カワウ先生、美しい背景で撮ってもらえてお喜びに違いないです。
かっこ良くって惚れ直しちゃいますね。
Commented by otameto88 at 2015-12-03 13:51 x
こんにちは。木々が懐かしくもあり、切ないような・・・。
こころの中に残っているほんの一瞬の場面が蘇ってきました。
Commented by natsunana at 2015-12-03 21:33
お久しぶりです!
この写真、ゆがんでるの?端が?
なんだか不思議な世界観~~~
相変わらず素敵な写真の数々にひきこまれてしまいました。
Commented by 11hiyo at 2015-12-03 21:46
> lagoonchiiさん

こんばんは~
私もちょと前からいつも拝見させて頂いております^^
詩情を感じるカットの連続でぞくっとしております。
素敵ですね。

唐松、信州の森林を代表する木です。
で、みな驚く程律儀に天を目指しています。
そして、針葉樹独特の芳香。
ぜひ、信州にいらして色合いと質感を感じてくださいませ^^
ちなみに唐松、
春はエメラルドグリーンに芽吹き、秋は黄金色に散っていきます。
いわば信州の宝石箱です。
Commented by 11hiyo at 2015-12-03 21:54
> a-ki_laさん

おこんばんは~
はい、うちはブラック産業ですので、黒とも思わず黒いことをしております。
 って、ええんですよ、うちの産業じゃ、表現の自由は担保されております^^
   我ながら見事な切り返し?

唐松林、時々カーブで森が開けて、少しだけ樹間の明るい場所に出ます。
そして、また深い森の中。
そのちょうど真ん中と言いましょうか、そんな場所でとりました。
ふと、ノルウェーの森と口にして、あれはヒマラヤスギなんだろうなあとか思い直しました。
恋人達の情念が針葉樹には宿るのでしょうか。
暗くて明るくて不思議な林です。

カワウ先生、白鳥さんの代わりにずいぶん上空を行ったり来たりしてくれました!
シルエットはなかなかのハンサムだと思いました^^
 ↑ 限定?
Commented by 11hiyo at 2015-12-03 21:59
> otameto88さん

おこんばんは~
ありがとうございます。
唐松って、北原白秋の歌があるのですね。
私、その歌が大好きで、信州に来た時、
これがあの歌のといたく嬉しかったことを思い出します。
otametoさんにも思い出があるのですね。
思い出になるだけの美しい木だと・・勝手に想像しています。
たいせつなものは、ほんの一瞬、閃光のような刺激にさえ
再び目覚めるのかなと思いました。

コメントありがとうございます^^
Commented by 11hiyo at 2015-12-03 22:05
> natsunanaさん

おこんばんは~
信州もずいぶん冬らしくなってきました。
唐松林も葉を落とし、ずいぶんと森が明るくなりました。

で、これですね。湾曲を掛けています。糸巻き状に。
画面の両端の立木の黒を残して、湾曲を掛けているので糸巻き型が強調されています。
寒くなってしまって出不精になって、PCを前に遊ぶ時間が増えました。

natunanaちゃん達の元気、炸裂していますね。
そして、少しずつ、少女の面持ちになってきていて
お子様の成長の早さを感ぜずにはいられません。
 あ、こちらこそ~~ イイネ押し逃げでごめんなさい。ご無沙汰でした!