たなぼた

小指

d0265224_21210293.jpg

長い夜の吐息に おぼろげな記憶が蘇る 
さいしょは 緩やかなカーブを描いて 
やがて 跳躍するように 


つかの間の夢のように  
たしかな足音のように 

やがて指先に宿る あるライン 

空でなぞってみる 
その 
ライン 

割れたワイングラスのように 
途切れながらも 
キラキラと

そのライン 
指で 
指で 

なぞってみる 



 





by 11hiyo | 2015-12-07 21:28 | town | Comments(0)