たなぼた

枯山水


d0265224_21561450.jpg


相国寺には108㍍の七重塔があった 
あの時代には避雷針がなかったから落雷による二度の火災に遭った 
三度目の建立はあきらめた 

避雷針は1749年ベンジャミン・フランクリンの発明を待たねばならなかった 
もっとも 
ベンジャミン・フランクリンは発明の特許をとらず 
発明を社会に還元した 


※ 


私の心を見ることから世の中がよく見えることもある 
僧侶はそう語って枯山水を案内した 

ここに水があると見てください 


※ 

水を見よう 
自分が生きることの  
あなたがほんのちょっと笑ってくれることの 
あなたがほんのちょっと未来を歩くことの 
私とあなた 流れて行く 

ここに水がある 
心はみずみずしく輝いて 
春が明けることを 
かんじている 





by 11hiyo | 2016-03-12 22:18 | town | Comments(0)