たなぼた

鉢伏窯

昨日の朝 窯に火入れをした松本市内田の鉢伏窯 
まあ撮ってくれよ 
というので出掛けてきました 

d0265224_22514193.jpg
今日は十三夜なんだぜ 

d0265224_22522970.jpg
もう常念岳に日没かい 夏至が近いってことだな 


d0265224_22524265.jpg

うちは赤松で火を入れるのさ で薪を割って割って 
延べ六日六夜焚くわけさ 

冬の赤松は冬眠の熊と一緒で 
脂がのっている 
火力が強いわけさ 


d0265224_22525049.jpg

月曜かな 火曜かな 
耐熱レンガまでも赤く燃えるんだぜ 


d0265224_22593996.jpg

6時間交替の寝ずの番が始まりました 



そうそう 窯が良いのは月曜以降 
また来てね!

はぁ~


by 11hiyo | 2016-05-21 23:05 | asita | Comments(2)
Commented by volontaire at 2016-05-21 23:10
窯持ってるお知り合いがいらっしゃるんですね。
顔が広くて羨ましいです。
最後のさりげなく焼かれているカニに目が行ってしまいます。
Commented by 11hiyo at 2016-05-21 23:35
> volontaireさん

おこんばんは~
俳句仲間のです。といっても雲の上の兄弟子ですが。
鬼志野などを作られる作家さんで、そうかと想うと現代アートにも挑戦されていて
表現の自在さには目を奪われます。

この登り窯をとくとくと見るのは二回目。
すでにドクドクと熱を上げて大きな存在でした。

でもねぇ。やっぱりカニですよね。
私が撮っている間に一杯食べ終わっておられました。
昼間はお祝いのエビがグリルに載っていたそうです。
う~ん 次はピザ?