たなぼた

あじさいのかおり

d0265224_23012094.jpg


ヒヤシンスブルーの天頂 なだらかに夕焼け色に染まる西の空 

もしもあじさいに香りがあったら 
またひとつ 
忘れられない思い出が 
ふえるのだろうか 



美しいあじさい&6月のイメージショットを撮ってみた!



サルビアブルーがベルリンブルーになって 星の空 

もしもあじさいに香りがあったら 
もうひとつ 
叶えられないお願い事が 
かなうのだろうか 


  

by 11hiyo | 2016-06-30 23:13 | sora | Comments(2)
Commented by kenzo0104 at 2016-07-02 15:27
紫陽花が出て来ない所に作者の深みを感じます。
作風に育みを観るに至ります。
想いなるものを暈かし、置き換えの手法は
賞賛に価しますね。
モラルの、はみ出しは嫌われますが
芸術の、はみ出しは美徳であり愛されるでしょう。
Commented by 11hiyo at 2016-07-02 22:29
>ケンゾーさん

おこんばんは~
それがですね・・・これはあじさいの一花を下から見たもので σ(^◇^;)
あの100円玉は丸いかと聞かれて、横から見たら四角いと答える、
生意気な頓智小僧みたいな感じ^^

暈かしの置き換えの手法→直接的表現を避け事実を伝えたという、
いにしえの大陸文化を思うお言葉。奥が深いですね。
かの時代の比喩とは相手が理解できるための表現を選びきって臨んだ
政治交渉だったのでしょうが、
現実から非現実、そして現実とのプロセスに興味が尽きません。
さて、
芸術のそれが美徳であるのか、理解であるのか、訴求か、暴露か、
言葉遊びをしているとそれぞれに深遠な窓があるようで興味が尽きない私です。
コメントありがとうございました。