たなぼた

ご来光投石事件

d0265224_22552135.jpg


海岸線の陣取り合戦に敗れ急遽登った高台からご来光を待つ 



d0265224_22552071.jpg

登った瞬間 どよめきと歓声が沸き上がった 

太陽が高くなりあたりが急速に明るくなるのを眺めたら 
なんだか清々しい気持ちになった 


それから 

d0265224_22552194.jpg

陣取りができなかった先の海岸線に戻って太平洋に石を投げに行った 

ちょうどいい位置に石が落ちて ピントも合うのに随分時間がかかった 


石も投げなば波紋はできず 
今年も頑張って あちらこちらに石を投げ込んでみようと思う 
オイオイ・・・ ^_^;
 

 


by 11hiyo | 2017-01-04 23:02 | sora | Comments(2)
Commented by bowww at 2017-01-05 01:14
hiyoさま、こんばんは。
すごく綺麗!
ご来光の名残が、きらきらと飛び散って…。
罰が当たりそうな美しさですね(笑)。
目にも留まらぬ一瞬の美しさ、とどめてくださってありがとうございます。
Commented by 11hiyo at 2017-01-05 20:51
> bowwwさん

おこんばんは~
朝寝坊の私はもっともご来光に遠い人間の自覚があります。
それでたまに早起きなどして神々しい朝日などを観ては
ひどく感じ入って、あしたも早起きしたいなと思うのですが
やはり起きることができずに、
すでに燦々たる陽光の下で果たせなかった思いに罪を覚えるのです。
かくして
こうしてキラキラと太陽がかけらになって
世界を照らし出してくれて
ああ、この水滴の一つが一日分だと、すでに一年分のご来光を観たような気になって
ああ、水があるから地球はこうもキラキラ今日も綺麗なんだと
人目を忍ぶことなく手を合わせて感謝したのでした。

素敵なコメントありがとうございます。
このきらめきは 1/6400秒の地球の瞬きでした^^