たなぼた

浅春

d0265224_21540059.jpg

瀬を早み 岩にせかるる滝川の われても末に 逢はむとぞ思ふ 

崇徳院 

保元の乱に敗れた崇徳院は隠岐に流され 
その死にあたっても朝廷から顧みられることはありませんでした 
ところが13年もたった後 
都に不吉なことが立て続けに起こり 
これは崇徳院の怨霊の仕業に違いないと 
急遽朝廷は崇徳院を祀ることにしたのでした 

その後の明治天皇も昭和天皇も 
崇徳院への配慮をしているのです 


怨霊となった崇徳院の話は雨月物語で読みましたが 
百人一首のこの歌はなんともロマンティックにもとれます 

雪融け水のこの時期だけ滝となり落ちていく 
その透明の水のきらめきに 
故あってこの地に積もった水精雪精たちの 
また会おうねという声が聞こえるようです 
きっと一緒にいることが楽しかったから 
また会いたいねと言うのだろうと 
この歌を見るたびに 
めざめ来る春の喜びを思う私です 

 


by 11hiyo | 2017-03-27 22:12 | town | Comments(0)