たなぼた

雪解水

d0265224_21432656.jpg

無色透明の記憶が 空と新緑の色を映し滝壺に色をうむ 



今朝の日経に没後90年と題し 
萬鉄五郎展の案内が載っていた 




「人は外面的に模倣だと言い去ることが多い」 
とは画家自身(萬鐵五郎)の言葉である 
「○○風」のレッテルを取り払い 
先入観でくもった目を懲らしてみれば 
実験を重ねて絵の 
「本当の深み」「人格表現の芸術」を探求し続けた 
真の姿が見えてくる 


滝壺は滝壺でありつつ 
常に新しい色を移し込むから 
滝壺は見るものを魅了し続けるのだろう 




瀧落ちて群青世界とどろけり 藤田湘子 






by 11hiyo | 2017-04-26 21:54 | | Comments(0)