たなぼた

カテゴリ:水( 116 )

人間ちゅーもん


d0265224_20535884.jpg


鵜と鵜匠が出合う瞬間は ちょっとだけ生まれたての赤ちゃんを思わせる 

まずは人間というものをどういうもんや 
ということを知ってもらわないかん 

だから気持ちを落ち着かせて 今日からここが生きていく場所ですよ 
と教えるために 湯を沸かして 
僕が手ぬぐいでずーっと体中を洗うわけ 

そうすると気持ちがいいもんで 
じーっとしとってくれるんだわ 


朝日新聞 2016年8月30日 



こうやって人間ちゅーもんを解ってもらいながら
同時に相性の良い鵜をさがして 
海猿のバディーよろしく ずっとずっとのパートナーを決める 
外から雌雄は解らないけれど 
気のあった奴と一緒に夜は鵜籠で過ごし 
鵜飼にもペアで出かけていく 
それは
ずっとずっとずーっとのペアなんだという 

d0265224_20572658.jpg

d0265224_20543049.jpg
d0265224_20533054.jpg
d0265224_20534968.jpg


このペアのことを「かたらい」という 
話し合うこと 
男女の契りを結ぶこと
相談すること
説いて仲間に引き入れること 
なんて意味がある 

なんだ人間と一緒じゃないか  


by 11hiyo | 2017-06-20 21:12 | | Comments(6)

織田信長公岐阜入城450年 岐阜命名450年

d0265224_20571407.jpg

岐阜市信長公450プロジェクト



中京圏でなくとも信長公のファンは多い 
信長公も愛した鵜飼い 
のぶながこうになったつもりで 
遊ぶのも悪くない 





by 11hiyo | 2017-06-19 21:08 | | Comments(4)

黄昏の向こう側

d0265224_19544164.jpg




分秒を置かずiso感度は上がっていくんだけれど 



d0265224_19544103.jpg


人間の目は瞬く間に暗がりに慣れて 
まだ西の空が明るい! なんてのんきに思っている 



d0265224_19544119.jpg


国宝犬山城がライトアップされた 
犬山城は木曽川の中から眺めるのが一番美しいらしい 
ライトアップされた犬山城が光跡となって 
木曽川をドレスアップする 


d0265224_19544044.jpg


黄昏の向こう側は夜のはずなのに 
カメラの目では 
20時を回ってもまだ空は明るい 



黄昏ればもう 多くの人は 
明日のことを思っている 
あんなふうに川の端を濡らして 
明日も明けてくる 

  





by 11hiyo | 2017-06-18 20:00 | | Comments(7)

木曽川うかい

d0265224_02265867.jpg


歓待を受けての一日 
縁に人は生きているんだね 
いっぱいありがとうございました! 

 
d0265224_02295635.jpg

鵜と人と 人の暮らしと鵜と 


d0265224_02310130.jpg

互いのまなざしの温かさ 


d0265224_02301145.jpg

気持ちが通じている柔らかさ 


d0265224_02335011.jpg

どこまでも美しい 



ありがとう!


おやすみなさい  


by 11hiyo | 2017-06-14 02:34 | | Comments(8)

湖の町

d0265224_20022301.jpg


約13万年前に出来たという諏訪湖 
途方もない時間を想像してみる 

そして
どれだけ多くの生き物を育んでいるのだろう 
想像してみる 


d0265224_20011240.jpg


雨が降ったり晴れたり突風に倒されそうになったり 
目まぐるしい空 


人生にだってタイミングっていうのがあるなと思う 
それで水を湛える 心の湖みたいなものがあって 
生きる力を涵養しているのかもしれない 

d0265224_20023843.jpg

湖は人生のカンバス 
想像してごらん 
なんどでも 
なんどでも 


 



by 11hiyo | 2017-06-11 20:11 | | Comments(0)

梅を担いで

梅を担いで闇ふみ戻る我が家なれ 尾﨑放哉 

梅が店頭に並ぶ頃となりました 
あの生気あふれる コロコロとした塊に 
頬づりしたくなります 
ほんとうは・・・ 
みっちり毛深いけれどね 
大好き 


d0265224_19365576.jpg

by 11hiyo | 2017-06-08 19:42 | | Comments(4)

d0265224_19255314.jpg

思った色が出なくて 
ずいぶん長い時間マウスを握っていた 
気がつくと指先が冷たい 


今日よりは梅雨に入ると 
ニュースは告げる 




by 11hiyo | 2017-06-07 19:36 | | Comments(0)

ろくがつ

d0265224_21403744.jpg

梅雨寒し鬼の焦げたる鬼瓦 加藤楸邨 




緑蔭をぬい落ちる木漏れ日の 
揺らめきあって 
絡み合って 
移ろいあって 
刻み合って 



d0265224_21350065.jpg


もう何千年も前から 私たち 
逢っていたような気がする 



 




by 11hiyo | 2017-06-03 21:47 | | Comments(8)

黄菖蒲の咲く頃

d0265224_20200215.jpg

そっと私は背伸びする 
  


by 11hiyo | 2017-05-31 20:21 | | Comments(2)

入水

d0265224_20404051.jpg

冬に耕し肥をやる 
田植えの一ヶ月前に耕し肥をやる 
あとは水が田の番をしてくれる 
田んぼというのは畑とくらべて手がかからない場所だよ 

なんて言いながら農夫の 
びっしょり汗をかいていた 


d0265224_20481375.jpg


先の日曜日は町民皆で用水路のさらえを 
サワガニが何匹か鋤に引っかかって 
横歩きして逃げていくのが 
妙に神々しい
 


 明日から我風展 
会場でお目にかかれれば幸いです 
私はたぶんずっといます 
たぶん ずっと 
しゃべっている気がします 

お待ちしております^^



by 11hiyo | 2017-05-08 20:51 | | Comments(0)