たなぼた

カテゴリ:sora( 372 )

生命の誕生

d0265224_22081056.jpg



どこから生まれ どこへ行くのだろう 


 






by 11hiyo | 2016-12-02 22:09 | sora | Comments(0)

桜島もどき

d0265224_19450590.jpg

鈍色の雲の底に十一月 (拙句)





なかなか 自分の気持ちが素直に表現できない 
それで表現が迂回して つまらないことになってしまう 
率直にものを言える人は よほどの聞き上手に恵まれてきたのだろう 
上手く言えない分 聞き上手になれればと思うけれど 
それは究極の話し上手ということと思う昨今 






桜島は生涯たった一回見ただけだが 
錦江湾にそびえ立つ雄姿にはぞくっとしたものだ 
その光景を思い出し アルプスに化けてもらった 



by 11hiyo | 2016-11-28 20:01 | sora | Comments(4)

たらないもの

d0265224_19460662.jpg

なにか自分じゃできないことを 
楽しめるように作れる人って すごいと思う 


足らないってことは 欲張りになれるってことね 






落葉のしげし 
残ったのは澄み切った冬の空 


by 11hiyo | 2016-11-22 20:27 | sora | Comments(0)

暮れ色

d0265224_11434975.jpg




連山も夕暮れ 


山と山の間に人が暮らす信州 
とても歩いて行けそうにない北アルプスの孤高の高さ 
里山の深い広葉樹からの営み 

あなたはどんな山として この地に暮らすの? 
ふと空から声が聞こえた 衿を正す 


衿を正すに晩秋はよい季節である 
人の意思で生きることを采配する 
それが冬という休眠だから 



出かけています 予約投稿です  



by 11hiyo | 2016-11-18 20:45 | sora

太陽の季節



d0265224_11421265.jpg



ボウボウと季節は燃え いのちを輝かせていた 


出かけております 予約投稿です 



 
 



More
by 11hiyo | 2016-11-17 20:45 | sora

晩秋の月




d0265224_20452949.jpg




お耳が冷たくなる 






 


 
 



月はありませんが・・・
by 11hiyo | 2016-11-11 20:53 | sora | Comments(2)

d0265224_20180747.jpg



今年初めての白鳥が二羽 羽を休めていた日曜日 
風は強く北から吹きよせ 
ざわざわと葦という葦を揺らしていた 
冬が人の通い路を閉ざすとも 
風は幾重にも道を作り 
思いを届けてくれるだろう 











by 11hiyo | 2016-11-09 20:36 | sora | Comments(2)

雲海の上

d0265224_20464020.jpg




おーいと呼んだら 372秒後に槍ヶ岳から 谺(こだま)がかえってくる 
計算上では (・∀・) 











by 11hiyo | 2016-11-07 20:55 | sora | Comments(0)

落葉松

d0265224_21293015.jpg

嫌いになっても好きなんだから 
どうしようもない 



からまつの林の奥も 
わが通る道はありけり 
霧雨のかかる道なり 
山風のかよふ道なり
 

北原白秋 落葉松


by 11hiyo | 2016-11-02 21:32 | sora | Comments(0)

月光

d0265224_18414066.jpg



湖の月光に揺らぐ小舟のような・・
ベートーベンの死後に命名されたピアノソナタ第14番「月光」 


今日は今から何枚かな・・・ 
お急ぎなんですね はぁ~ 
明日はとうとうお休みするかも知れません 









by 11hiyo | 2016-10-22 18:54 | sora | Comments(0)