たなぼた

カテゴリ:town( 217 )

東京駅

d0265224_00085167.jpg

歩け、歩け

どんなものが出てきても 乗り越して歩け

この光り輝やく風景の中に 踏み込んでゆけ

僕の前に道はない

僕の後ろに道は出来る



高村光太郎 道程より 


義母の願いが叶うようにと 

水先案内人の愚息君と10㎞歩きました 

歩きながら 

子へ孫へと託す思いは時代を超えて一緒だなと 

道程を思い出しながら歩きました 


時々は立ち止まっても 

光のほうへ 

どんどん歩いていって欲しいと 

思いました 


by 11hiyo | 2017-07-12 00:16 | town | Comments(0)

階段がある扉

d0265224_21142114.jpg


あるいは天国への階段となる扉 

はたまた異次元への階段となる扉 



d0265224_21171923.jpg

ねえノックしないで入ってきて 
いつでも人生はサプライズだから 

 

 






by 11hiyo | 2017-06-30 21:18 | town | Comments(2)

融合

d0265224_19281255.jpg
美濃和紙の製造は奈良時代にまで遡れる 


良質な竹で骨をつくり 
この美濃和紙を貼った上に専用のニスを塗る 

と 透明なうちわが出来る 

このうちわをに水をつけてあおると 
気化熱で涼める 
鵜飼見物にうってつけの美品となる 


d0265224_19393667.jpg

岐阜はもとより竹林に恵まれた地域で 
竹の文化と和紙の文化が癒合して 
唐傘や提灯などの生産文化も生み出した 
 



※ ちなみに川原町屋には目玉おやじのぼんぼりがあります 
やたらリアルでドキッ 画像はありません 




by 11hiyo | 2017-06-25 19:41 | town | Comments(6)

川原町

d0265224_21254398.jpg



町家の格子を抜ける光が 時を刻んでいる 



d0265224_21255246.jpg

そこには宇宙があって 
こちらは時を忘れて 碁に興じている 


d0265224_21262485.jpg

細長い町家のその向こうには路地があって 
風が抜けている 

その風が凪げば もう鵜飼の時間だ 


毎日毎日 こうして同じように違った時が刻まれて 
確かにここにいた証を 
私は心にしまい込む 




やっぱり山下純司鵜匠の言葉があって 

毎日が毎日 本当に新しいことを(鵜が)教えてくれる 
本当にすごいよ 
この鵜という鳥は 
だから1300年も続いとる 

いつの世の人もそうも宣伝もしておらんのにね 
お客さんがみんな寄ってくるということは 
直接鵜との間近な時間はないけど 
やっぱり川で交わるということに意味合いがある 
僕にはそういう風に思うとります 

中略 

こういう言葉でしゃべらせてもらってね 
本当に楽しい人生を暮らせるな 
本当にありがたい 
縁というものをやっぱり大切にせなあかんということを 
やっと分かるようになりました 

日本動物心理学会第69回大会 2010年11月10日受理 




縁ってことが 時 で 
一緒に過ごせたということが 幸せ ってことで
感謝なんだなって 
思う 


 


by 11hiyo | 2017-06-24 21:39 | town | Comments(4)

尾張興国物語


 

犬山城は織田信長の叔父信康により築城され 
犬山城下町は江戸時代尾張の家老成瀬により整備された 
戦火を免れ往事の町並みが残されている 


d0265224_23045419.jpg

d0265224_23045850.jpg

d0265224_23045288.jpg

美しい町並みだった 


それ以上に案内してくれているお二人の 
ドライフルーツのケーキのような会話が美しかった 

なんというのか 会話の切り口が味わい深いんだ

楽しいってことを楽しんでる 
その姿がとてもナチュラルで 
とってもビタミンカラーなんだ 


d0265224_23221779.jpg


楽しいってことに そめられて歩いた城下町 
岐阜が好き この町が好き ここに暮らす人が好き 
好きがいっぱいつまった旅になった 


 
  


by 11hiyo | 2017-06-23 23:24 | town | Comments(4)

いわゆる「お母さん」がすごいのは

d0265224_20262920.jpg
夕暮れが迫った長良川左岸は一面の活況である 
働いているのは男ばかりである 


その「活況」を美しいと 鳶色の瞳はいった 
全国に鵜飼は12ヵ所あるけれども 
長良川の鵜飼は尾張徳川家の庇護を受け
明治23年以降は全国唯一の宮内省の式部職となった 
宮内省の仕事になったのは 岩倉具視 の一声だった 

上は作業道具 見落としていけないのは 「棒」 

d0265224_20262552.jpg

あら~~~ 

d0265224_20262604.jpg
こうなる 
d0265224_20262449.jpg



先に出てきた山下純司鵜匠の話の続き・・・ 


それぞれの鵜に名前はない 
その代わりにすべて 手を通して理解している 
毎日の触れ合いで体調を確かめるのも 
それぞれの首に縄を結わえる時の力加減を覚えるのも手 

そしてなにより 山下さんは餌を与えることと鳥屋掃除 すなわち 
フンの始末を鵜匠自らの手でやることに意味があると話す 

いわゆる「お母さん」がすごいのは 
襁褓(おむつ)を洗った手でお勝手をやるでしょ 

だから家族は家族となり 
皆健康でいい仕事が出来るんだ 


朝日新聞 2016年8月30日 





by 11hiyo | 2017-06-22 20:41 | town | Comments(4)

川原町

d0265224_19571316.jpg









by 11hiyo | 2017-06-21 20:01 | town | Comments(2)

おもしろうて

d0265224_23255263.jpg

多重露光

おもしろうて やがて悲しき 鵜舟かな 芭蕉 

鵜飼ミュージアムにその英訳があって 

Exciting to see but soon after,
comes pathos the cormorant boats.

Bsho


d0265224_23254722.jpg

若鳥はやや茶色色の羽をしていて 
三歳を過ぎたころから黒々したきれいな羽に 


鵜も鵜飼いもたくさん教えてもらった今回の旅の 
なんと豊かだったことでしょう 


d0265224_23254301.jpg
その鵜飼ミュージアムを出ると 
一面に花が咲いている民家がありました 


六月にしては暑い午後でした 
 







by 11hiyo | 2017-06-16 23:39 | town | Comments(2)

金鳳山正法寺

d0265224_23340006.jpg

高さ1.8メートルの大銀杏を真柱とし 
骨格を木材 
その周りに竹を編み 
編んだ竹の上に粘土を 
その粘土の上に経文を 
その上に漆を塗って 
金箔を施した 
漆の仏様 

大仏の高さは13.7メートル 
日本三大大仏の一つ 


d0265224_23444290.jpg

ともかく「ど」でかい 
どでかいのに 
なんとも言えない 
暖かさを感じる座像 

おまけに大仏の周りをぐるぐる回って歩けて 
その回廊の三編にはまた木彫の僧が 
三十三間堂よろしく並んでいる 

なんとも楽しい 

 

PC不具合です うっ~~~ 


by 11hiyo | 2017-06-15 23:48 | town | Comments(4)

一本の道

d0265224_19572013.jpg




例えば紙を二つに折る 
真ん中に真っ直ぐな道が出来る 



d0265224_19572897.jpg





平面を発見し 
幾何が生まれ 
文明が目覚めた 


直線という美は人間の美 





by 11hiyo | 2017-06-12 20:08 | town | Comments(2)