たなぼた

<   2013年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧

Dream

d0265224_22295562.jpg



むかしむかし 夢見がちなお姫様がおりました。

また夢を見ていると 側近たちは  苦笑い。

お暇さまは そんな側近たちのお顔が嫌いで 今日も柱の陰で泣いておりました。

シタール弾きの旅人が やってきました。

ポロポロ弦をかき鳴らし 泣き虫お姫様にいいました。

夢は 夢を見たものだけ 叶えられるんだよ。

泣いたら 涙の数よりたくさん 夢を見なさい。

あなたしか 叶えられない 夢が見えてくる。

More
by 11hiyo | 2013-03-31 22:44 | sora | Comments(12)

ハナミヅキ

d0265224_2372220.jpg



花見月は三月の別称     


花残月は四月の別称   
  

はなのこりづき とも はなのこしづき  とも読む


心模様を 花に託すか 奥ゆかしき日本語
by 11hiyo | 2013-03-30 23:20 | kotoba | Comments(6)

楽都

d0265224_219571.jpg



スズキメソードというのは、鈴木慎一さんが展開した音楽教育システムで
今では世界46カ国に広がり、著名なバイオリニストであったり、チェリストを生み続けてきました。
で、我が家のご近所でありますとか、市の中心地に
バイオリンやらチェロを持った親子連れが現在あふれております。
外国人も多々。
良い笑顔で松本を散策されています。
小澤征爾さんのサイトウ・キネン・フェスティバルの時も外人さんが多いですが
やっぱり素敵な笑顔で歩かれています。
音楽がもたらす何か と書くとちょっと浅い表現ですが、
そうした晴れやかな表情は 私のこころまで軽くしてくれます。

松本は楽都です。
音楽の楽。で、楽都と呼ばれています。
03.27[水] - 03.31[日]
第16回スズキ・メソード世界大会記念開催「いせひでこ絵本原画展」
も松本市美術館で開かれていますが
これが、なかなかにして素敵な絵本原画展です。
二つのチェロにまつわる物語です。
よろしければ足をお運び下さい^^
by 11hiyo | 2013-03-29 21:28 | town | Comments(8)

滝壺

d0265224_20505333.jpg



壺の底には 光る珠   珠には  呪文が 書かれている


  
昇りたまえ  昇華する 未来への記憶



今年も鯉が 呪文に打たれて 竜になる   







      
by 11hiyo | 2013-03-28 21:08 | asita | Comments(0)

しずく

d0265224_20383268.jpg




しずくも  嬉しいって 気持ちが わかったのかな         

ぴょん って飛んでくれた   

しずくは 笑っていた    

ね 上手くいったでしょ  って      

何度でも できるまで 練習すればいいよ~   
by 11hiyo | 2013-03-27 20:45 | asita | Comments(14)

有視界飛行

d0265224_21403442.jpg



記憶の断片の   

かたくなに 光を当てたら  

有視界飛行   

More
by 11hiyo | 2013-03-26 21:53 | sora | Comments(2)

りぼん

d0265224_2112201.jpg




りぼん りぼん りぼん  ribbon

ずっと 口ずさんでいたら  reborn  と転がった





 

More
by 11hiyo | 2013-03-25 21:28 | asita | Comments(8)

春のたそがれ

d0265224_20392295.jpg



春塵に夕日が明るい たそがれ     


計算通りには行かなかった 図画工作の手を止め 散歩へ   


d0265224_20395847.jpg



瞬きしている間に  夜    梅が 香り始める   


  

  
    
by 11hiyo | 2013-03-24 20:51 | Comments(6)

蜻蛉洲(あきつしま)の火



ちいさな火種だけれども どんな火にも成長するから 受け継いでいって ね 


d0265224_20374197.jpg


 

ちはやぶる 神代の火だね  後の世に  伝え承く  



蜻蛉洲のは燃えている 未来を思うこころが 日本の形になって 燃えている 



日本舞踊というのか、観世流の舞をテレビで見ました。題目は蜻蛉洲祭暦。日本の国の祭を弥生から年の瀬まで数えて踊る、華やかな舞でした。その舞の最後のほうの台詞が ちはやぶる の一文。受け継いでいく意思があるから、火は受け継がれていくし、受け継いで欲しいとねがうから ちはやぶるという。未来へ、未来へ。つないでいこうと思う心も つないで欲しいと願う心も なんと美しいことでしょう。
おもわずテレビの前で ウルウルしてしまいました。
by 11hiyo | 2013-03-23 20:44 | asita | Comments(2)

d0265224_20525919.jpg



爪先で  あるく  蒼い  夜     

吐息の  温もりを   両手に   抱く   


  

愛おしいものを 思えば 少しだけ 背伸びしている 春の夜  


     
by 11hiyo | 2013-03-22 21:07 | hikari | Comments(2)