たなぼた

<   2017年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧

いわゆる「お母さん」がすごいのは

d0265224_20262920.jpg
夕暮れが迫った長良川左岸は一面の活況である 
働いているのは男ばかりである 


その「活況」を美しいと 鳶色の瞳はいった 
全国に鵜飼は12ヵ所あるけれども 
長良川の鵜飼は尾張徳川家の庇護を受け
明治23年以降は全国唯一の宮内省の式部職となった 
宮内省の仕事になったのは 岩倉具視 の一声だった 

上は作業道具 見落としていけないのは 「棒」 

d0265224_20262552.jpg

あら~~~ 

d0265224_20262604.jpg
こうなる 
d0265224_20262449.jpg



先に出てきた山下純司鵜匠の話の続き・・・ 


それぞれの鵜に名前はない 
その代わりにすべて 手を通して理解している 
毎日の触れ合いで体調を確かめるのも 
それぞれの首に縄を結わえる時の力加減を覚えるのも手 

そしてなにより 山下さんは餌を与えることと鳥屋掃除 すなわち 
フンの始末を鵜匠自らの手でやることに意味があると話す 

いわゆる「お母さん」がすごいのは 
襁褓(おむつ)を洗った手でお勝手をやるでしょ 

だから家族は家族となり 
皆健康でいい仕事が出来るんだ 


朝日新聞 2016年8月30日 





by 11hiyo | 2017-06-22 20:41 | town | Comments(0)

川原町

d0265224_19571316.jpg









by 11hiyo | 2017-06-21 20:01 | town | Comments(2)

人間ちゅーもん


d0265224_20535884.jpg


鵜と鵜匠が出合う瞬間は ちょっとだけ生まれたての赤ちゃんを思わせる 

まずは人間というものをどういうもんや 
ということを知ってもらわないかん 

だから気持ちを落ち着かせて 今日からここが生きていく場所ですよ 
と教えるために 湯を沸かして 
僕が手ぬぐいでずーっと体中を洗うわけ 

そうすると気持ちがいいもんで 
じーっとしとってくれるんだわ 


朝日新聞 2016年8月30日 



こうやって人間ちゅーもんを解ってもらいながら
同時に相性の良い鵜をさがして 
海猿のバディーよろしく ずっとずっとのパートナーを決める 
外から雌雄は解らないけれど 
気のあった奴と一緒に夜は鵜籠で過ごし 
鵜飼にもペアで出かけていく 
それは
ずっとずっとずーっとのペアなんだという 

d0265224_20572658.jpg

d0265224_20543049.jpg
d0265224_20533054.jpg
d0265224_20534968.jpg


このペアのことを「かたらい」という 
話し合うこと 
男女の契りを結ぶこと
相談すること
説いて仲間に引き入れること 
なんて意味がある 

なんだ人間と一緒じゃないか  


by 11hiyo | 2017-06-20 21:12 | | Comments(6)

織田信長公岐阜入城450年 岐阜命名450年

d0265224_20571407.jpg

岐阜市信長公450プロジェクト



中京圏でなくとも信長公のファンは多い 
信長公も愛した鵜飼い 
のぶながこうになったつもりで 
遊ぶのも悪くない 





by 11hiyo | 2017-06-19 21:08 | | Comments(2)

黄昏の向こう側

d0265224_19544164.jpg




分秒を置かずiso感度は上がっていくんだけれど 



d0265224_19544103.jpg


人間の目は瞬く間に暗がりに慣れて 
まだ西の空が明るい! なんてのんきに思っている 



d0265224_19544119.jpg


国宝犬山城がライトアップされた 
犬山城は木曽川の中から眺めるのが一番美しいらしい 
ライトアップされた犬山城が光跡となって 
木曽川をドレスアップする 


d0265224_19544044.jpg


黄昏の向こう側は夜のはずなのに 
カメラの目では 
20時を回ってもまだ空は明るい 



黄昏ればもう 多くの人は 
明日のことを思っている 
あんなふうに川の端を濡らして 
明日も明けてくる 

  





by 11hiyo | 2017-06-18 20:00 | | Comments(7)

シェード

d0265224_21141755.jpg
d0265224_21143102.jpg
d0265224_21143502.jpg

お昼寝が素敵な季節 

by 11hiyo | 2017-06-17 21:19 | hikari | Comments(0)

おもしろうて

d0265224_23255263.jpg

多重露光

おもしろうて やがて悲しき 鵜舟かな 芭蕉 

鵜飼ミュージアムにその英訳があって 

Exciting to see but soon after,
comes pathos the cormorant boats.

Bsho


d0265224_23254722.jpg

若鳥はやや茶色色の羽をしていて 
三歳を過ぎたころから黒々したきれいな羽に 


鵜も鵜飼いもたくさん教えてもらった今回の旅の 
なんと豊かだったことでしょう 


d0265224_23254301.jpg
その鵜飼ミュージアムを出ると 
一面に花が咲いている民家がありました 


六月にしては暑い午後でした 
 







by 11hiyo | 2017-06-16 23:39 | town | Comments(2)

金鳳山正法寺

d0265224_23340006.jpg

高さ1.8メートルの大銀杏を真柱とし 
骨格を木材 
その周りに竹を編み 
編んだ竹の上に粘土を 
その粘土の上に経文を 
その上に漆を塗って 
金箔を施した 
漆の仏様 

大仏の高さは13.7メートル 
日本三大大仏の一つ 


d0265224_23444290.jpg

ともかく「ど」でかい 
どでかいのに 
なんとも言えない 
暖かさを感じる座像 

おまけに大仏の周りをぐるぐる回って歩けて 
その回廊の三編にはまた木彫の僧が 
三十三間堂よろしく並んでいる 

なんとも楽しい 

 

PC不具合です うっ~~~ 


by 11hiyo | 2017-06-15 23:48 | town | Comments(4)

このえにし

d0265224_23014916.jpg

鵜の庵 「鵜」の栞に 
(岐阜県長良中鵜飼)

鵜のこころ 
鵜匠のこころ 
今日の語らい 
明日又語らう 
このえにし 
鵜と鵜匠の 
一生なり 

鵜匠 山下純司 

と書かれていました 



鵜匠がなさっているアユ料理や喫茶が楽しめる庵です 


その山下鵜匠さんがおっしゃるのですね 

鵜というのはあと何日したら死ぬのか 
寿命が尽きる日がわかる 
医者に連れていくこともしないし 
薬も与えない 
鵜は死ぬ日を知っていて 
潔く死んでいく 
それに比べて 人間の 
なんとあきらめの悪いことだろう 


そうおっしゃりながら 
鵜を見る目がとてもやさしいのです 
泣けました  

by 11hiyo | 2017-06-14 23:08 | people | Comments(6)

木曽川うかい

d0265224_02265867.jpg


歓待を受けての一日 
縁に人は生きているんだね 
いっぱいありがとうございました! 

 
d0265224_02295635.jpg

鵜と人と 人の暮らしと鵜と 


d0265224_02310130.jpg

互いのまなざしの温かさ 


d0265224_02301145.jpg

気持ちが通じている柔らかさ 


d0265224_02335011.jpg

どこまでも美しい 



ありがとう!


おやすみなさい  


by 11hiyo | 2017-06-14 02:34 | | Comments(8)