たなぼた

尾張興国物語


 

犬山城は織田信長の叔父信康により築城され 
犬山城下町は江戸時代尾張の家老成瀬により整備された 
戦火を免れ往事の町並みが残されている 


d0265224_23045419.jpg

d0265224_23045850.jpg

d0265224_23045288.jpg

美しい町並みだった 


それ以上に案内してくれているお二人の 
ドライフルーツのケーキのような会話が美しかった 

なんというのか 会話の切り口が味わい深いんだ

楽しいってことを楽しんでる 
その姿がとてもナチュラルで 
とってもビタミンカラーなんだ 


d0265224_23221779.jpg


楽しいってことに そめられて歩いた城下町 
岐阜が好き この町が好き ここに暮らす人が好き 
好きがいっぱいつまった旅になった 


 
  


# by 11hiyo | 2017-06-23 23:24 | town | Comments(4)

いわゆる「お母さん」がすごいのは

d0265224_20262920.jpg
夕暮れが迫った長良川左岸は一面の活況である 
働いているのは男ばかりである 


その「活況」を美しいと 鳶色の瞳はいった 
全国に鵜飼は12ヵ所あるけれども 
長良川の鵜飼は尾張徳川家の庇護を受け
明治23年以降は全国唯一の宮内省の式部職となった 
宮内省の仕事になったのは 岩倉具視 の一声だった 

上は作業道具 見落としていけないのは 「棒」 

d0265224_20262552.jpg

あら~~~ 

d0265224_20262604.jpg
こうなる 
d0265224_20262449.jpg



先に出てきた山下純司鵜匠の話の続き・・・ 


それぞれの鵜に名前はない 
その代わりにすべて 手を通して理解している 
毎日の触れ合いで体調を確かめるのも 
それぞれの首に縄を結わえる時の力加減を覚えるのも手 

そしてなにより 山下さんは餌を与えることと鳥屋掃除 すなわち 
フンの始末を鵜匠自らの手でやることに意味があると話す 

いわゆる「お母さん」がすごいのは 
襁褓(おむつ)を洗った手でお勝手をやるでしょ 

だから家族は家族となり 
皆健康でいい仕事が出来るんだ 


朝日新聞 2016年8月30日 





# by 11hiyo | 2017-06-22 20:41 | town | Comments(4)

川原町

d0265224_19571316.jpg









# by 11hiyo | 2017-06-21 20:01 | town | Comments(2)

人間ちゅーもん


d0265224_20535884.jpg


鵜と鵜匠が出合う瞬間は ちょっとだけ生まれたての赤ちゃんを思わせる 

まずは人間というものをどういうもんや 
ということを知ってもらわないかん 

だから気持ちを落ち着かせて 今日からここが生きていく場所ですよ 
と教えるために 湯を沸かして 
僕が手ぬぐいでずーっと体中を洗うわけ 

そうすると気持ちがいいもんで 
じーっとしとってくれるんだわ 


朝日新聞 2016年8月30日 



こうやって人間ちゅーもんを解ってもらいながら
同時に相性の良い鵜をさがして 
海猿のバディーよろしく ずっとずっとのパートナーを決める 
外から雌雄は解らないけれど 
気のあった奴と一緒に夜は鵜籠で過ごし 
鵜飼にもペアで出かけていく 
それは
ずっとずっとずーっとのペアなんだという 

d0265224_20572658.jpg

d0265224_20543049.jpg
d0265224_20533054.jpg
d0265224_20534968.jpg


このペアのことを「かたらい」という 
話し合うこと 
男女の契りを結ぶこと
相談すること
説いて仲間に引き入れること 
なんて意味がある 

なんだ人間と一緒じゃないか  


# by 11hiyo | 2017-06-20 21:12 | | Comments(6)

織田信長公岐阜入城450年 岐阜命名450年

d0265224_20571407.jpg

岐阜市信長公450プロジェクト



中京圏でなくとも信長公のファンは多い 
信長公も愛した鵜飼い 
のぶながこうになったつもりで 
遊ぶのも悪くない 





# by 11hiyo | 2017-06-19 21:08 | | Comments(4)