たなぼた

まんさく

d0265224_22090415.jpg



枯木立に忽然と黄色と濃い紅が揺れていた 
万作と書いて まんさく と読む早春の花だ 
なんとも愛でたい名前だ 

その語源は「まんずさぐ/まず咲く」が訛ったものとか 


かつて東北では まんずさぐ その様子で作況を占ったらしく 
花言葉は 
呪文 魔力 霊感 ひらめき 



※ 

だれかを幸せにしたいなら 
その霊感で その言葉をひらめきなさい 
言葉は魔力を持った呪文になって 
その人を一生 励ますことでしょう 
コノハナノサクヤビメは 
言葉と出合う季節も運ぶ 

 

# by 11hiyo | 2017-03-06 22:21 | kotoba | Comments(4)

早春


d0265224_18374394.jpg

鏡とり 能ふかぎりのさまざまの顔をしてみぬ 泣き飽きし時 

石川啄木 一握の砂 





u~ 冷蔵庫が壊れ 炊飯器が壊れ 
食器棚も廃棄せざるをえなくなって 
この数日お引っ越し状態のてんやわんや 
それに 
お財布はとてつもなく軽くなってしまった 
ぐっすん 

あんまりにもショックで鏡の前で  
あたうかぎりの いろんな顔をしてみる 
なかなか笑えないけれども 
こうなったら笑うしかないか 
ゲラゲラゲラ・・とは行かない 
泣けてくる 

でも 朝靄のあおゲラには出会えた 
人生に帳尻があるとして なにがそれをあわせるか 
なんてことは分かりゃしない 
だから面白いのかもしれないが 
やっぱり 泣けてくる 




# by 11hiyo | 2017-03-05 18:45 | 雨/雪 | Comments(4)

かげろう

d0265224_20031706.jpg


いつも心の真ん中に 揺らめいている たいせつなもの 



かげろうが世界を揺るがしていきます 
目で見るようにはレンズでは見えません 
それでも心は見ているのです 
その命のかがやきのようなもの 
その命の営みのたしかさ 






# by 11hiyo | 2017-03-03 20:10 | sora | Comments(0)

永訣の朝

d0265224_21344862.jpg

・・・ 
みぞれがふっておもてはへんにあかるいのだ 
あめゆじゅとてちてけんじゃ
うすあかくいっそう陰惨な雲から 
みぞれはびじょびじょふってくる 

・・・ 


おまえがたべるこのふたわんのゆきに 
わたしはいまこころからいのる 
おまえとみんなとに聖い資糧をもたらすように 
わたくしのすべてのさいわいをかけてねがう 

宮沢賢治 永訣の朝 (現代語に直してます、すみません)



朝からこの一編の詩がぐるぐる頭を巡って 
どうにも切なくやりきれなかった 
夜になって またひとつかなしい知らせを受けた 
一日みぞれが降っていた 
うっすらとも地面を染められない 
春のみぞれが降っていた 


ご訪問くださってありがとうございます 
もうちょっとだけ 待ってくださいね 



d0265224_21511968.jpg


# by 11hiyo | 2017-03-02 21:43 | 雨/雪 | Comments(0)

あとは


d0265224_21124527.jpg
何もかもキラキラみえて春 






一仕事終わって・・ 急性胃腸炎? 
雛の頃はハマグリの頃と思う中京圏出身の私 
あんなにハマグリを食べたかったのに断念 



# by 11hiyo | 2017-03-01 21:18 | asita