たなぼた

牛留池ふたたび

d0265224_20082983.jpg



そうなんですね 僕の気持ちに忠実であろうとすればするほど 
やっぱし永遠性ってのが問題です 
現在におけるドキュメントよりも 少年の頃からの過去からの永遠性みたいなのを追求したいね 

僕はほんとうに目の前の事実よりも 
僕の心のなかの真実の方をより大切にしていきたい 


緑川洋一 「肉声の昭和写真家(岡井耀穀著)」 




 

by 11hiyo | 2015-11-13 20:17 | | Comments(4)
Commented by otameto789 at 2015-11-13 20:49
きっと、だからこそ、「素直」な気持ちが
私から離れないだと分かりました。
Commented by 11hiyo at 2015-11-14 00:07
> otameto789さん

こんばんは~
素直な気持ち、大切な宝物ですね。
どうしてもそこに帰る場所があるって・・・
素敵なこころ 
私も緑川さんの言葉を読んで思いました^^
Commented by otameto789 at 2015-11-14 02:47
時間を超えて存在する物。大事です。
何故か、大事なのです。還る場所。
ですね(^-^)
素敵な言葉、ありがとうございました。
Commented by 11hiyo at 2015-11-14 18:48
> otameto789さん

こんばんは~
「還る」場所、在るべき場所って言う意味ですね。
素敵なお言葉だと思いました。
こちらこそ、ありがとうございます。

ちっちゃい時から何色が好きとか、どんな食べ物が好きとか、
どうしたって、好きにこだわりがありました。
この年になってもちっとも変わらない。
私って事の何かなのかなって、思いました。