たなぼた

タグ:浅間山 ( 2 ) タグの人気記事

遠望


空気がぴーんと立っていて 耳の感覚がまずなくなった 

標高1000㍍から 2000㍍ 

浅間サンラインは唐松の道である 

急勾配のヘアピンカーブを曲がるたび 

香りが「無」に研ぎ澄まされていく 

d0265224_21033996.jpg
午後3時 すでに空は焼け始めていて 

雲上に顔を出した八ヶ岳は 女体のなめらかさで 空に眠っている 

d0265224_21212618.jpg
アンダーに構えて 空の色を探る 

近くの森からヤマガラがチチと空に上がって 瞬く間に樹間に消える 

d0265224_21211249.jpg

広角が似合うのだろうと思ったけれど 望遠レンズで切り撮っても十分世界は広かった 

360° そのうち見えるのだろうか 

張り詰めていく空気に 少し運転が怖い 

が 

登り詰めて 言いようのない達成感があった登坂となった 

d0265224_21035876.jpg

ただ きれいだ きれいだ そう言って当たり中をおさめたものの中に 

帰宅して現像したら 富士山が顔を出した 

無理矢理現像したから もやもやしてるけど 

間違いなく富士山だ ! 



町の中央を通っているのは上信越道 東部湯ノ丸方面になる 

d0265224_21211910.jpg


また行きたい絶景 7月は高原のお花畑になると言う 

by 11hiyo | 2015-11-30 21:38 | sora | Comments(10)

空の在る場所



浅間山 

黒斑山がでっかすぎて それに登らない限り 例の勇姿は見えない 

歩くこと二時間半 とか 四時間とか 


d0265224_19505565.jpg

ちょっと手前だけれども もう黄昏 

今日はすごい雲海だったんだって 聞いた 

d0265224_19541190.jpg


明日も雲海なんだろうな もう雲ができはじめていて 

その下に町の灯り 

ひとつずつ灯っていくんだ 

そうして どんどん灯っていくんだ 

まるで神様になった気分で 

下界の生活を思った 

それは慈しむべき 優しさで 凍えていた 


d0265224_19562869.jpg



光に人は営み 光に人は生かされる 

外気温 氷点下二度 






by 11hiyo | 2015-11-29 20:00 | hikari | Comments(0)