たなぼた

タグ:黄昏 ( 57 ) タグの人気記事

夕暮れ時の散歩




d0265224_22102393.jpg
スギナ畑になった田
d0265224_22102339.jpg
雑草を踏み分けて畦をゆくと 
種取り用の葱坊主にあう
d0265224_22102261.jpg
日が住宅街に沈んでいく
d0265224_22102396.jpg
シルエットになった早苗 田んぼはぐんと減ってしまった 



この地域も随分と休耕田が目立つようになった 
サワガニの踊りを 
披露してくれたおじいさんの田んぼは 
畑になったし 
ミジンコ取りをした田んぼは 
スギナ畑になってしまった 

兼業でなきゃ しょせん食えない田畑だからな 
どうやったって今の若いもんに 
やってくれよとは頼めないわけよ? 



そうさな この田んぼの広さで 
20俵とれるな 
昔だったら 2.5石かいな 
それで10人家族でさ 自分たちの食い扶持だけで あと4枚が必要だろ 
食うってことはさ 大変なことなわけさ 

でも 売れないものを作ったって 食っていけないわけさ 
農家のジレンマだね 
それも 俺たちがもう爺さんになっちまったから 
あと5年で解決かな 

ほれ 見納めだ 
たくさん写真撮っといてくれよ 
 


by 11hiyo | 2018-05-15 22:13 | sora

夕焼け

d0265224_19014548.jpg


電線列島日本にとりあえず乾杯 したいけれど 
今日は誰とも連絡が取れない 
困った一日でした (>_<) 


 


by 11hiyo | 2018-04-19 19:07 | sora

水玉世界

d0265224_22540439.jpg





ぷっぷ ぷっぷ 
空にシャボン 
 
思い出す ことの あれやこれ 
浮かんでは消え 消えては浮かび 
春の空 


 


by 11hiyo | 2018-03-14 22:56 | town

飛んでごらん

d0265224_23404710.jpg

想像的感受は 自由に飛翔できる感受の在り方 
言い換えれば 

美的な感受

を指している 


情動の社会学 伊藤守 




by 11hiyo | 2018-02-20 23:42 | town

豆苗

d0265224_20070701.jpg

豆苗は一回刈り取ったあと もう一回芽が出てきて食すことが出来る 
ありがたい植物である 

では3回目は?

さっそく挑戦した結果 モヤシにしかなりませんでした 

では肥料をやったら? 

液肥を与えたら ぐんぐん骨太になりました 

硬くて食べられそうにありません 

もっとも 

そのまま育てたら スカーレットレッドの花が咲き 
晩秋にはグリーンピースごはんが食べられるでしょう 

はぁ~ 我ながら気の長いこと・・・


by 11hiyo | 2018-02-09 20:34 | sora

黄昏

d0265224_20350648.jpg




by 11hiyo | 2018-01-26 20:36 | sora

黄昏



d0265224_20093930.jpg

 
不条理に泣きながら 不条理に生かされ 不条理に泣く 



ヘッドライトに照らされた雪は 
血管となって 私の弱さに 触手を伸ばす 



by 11hiyo | 2018-01-23 20:14 | sora

暑中お見舞い申し上げます

d0265224_20260124.jpg


この炎天下にてんとう虫を探し歩くこと三日 
ある人は葡萄畑に 
ある人はジャガイモ畑に
またある人は茄子畑に 
いるというのだけれど 
まだ一匹も見つからない 

d0265224_20260671.jpg

そうやって畑をうろついている間に 
入道雲は崩れて 
すっと黄昏の風が吹き始める 

d0265224_20261104.jpg

咲き始めたコスモスを見ていたら 
急に秋が来たようで 
淋しくなって家路につく 


暑中お見舞い申し上げます 

暑い暑い夏が日本中にあふれています 
せめて災禍に見舞われない 
夏であって欲しいと 
あれこれ祈る毎日です 


 

 


by 11hiyo | 2017-07-17 20:30 | sora | Comments(2)

まるで昨日のように

d0265224_23013078.jpg

落ち葉 

・・・・

童話の森を出てひさしく 
生きてきたつもりだったが 
半生は 
一枚の葉が梢で枯れて 
足もとに転がるまでの束の間だった 


辻征夫 「俳諧辻詩集/落ち葉」より抜粋 



またまた予約投稿で相済みません 


by 11hiyo | 2017-07-04 20:17 | 雨/雪

黄昏の向こう側

d0265224_19544164.jpg




分秒を置かずiso感度は上がっていくんだけれど 



d0265224_19544103.jpg


人間の目は瞬く間に暗がりに慣れて 
まだ西の空が明るい! なんてのんきに思っている 



d0265224_19544119.jpg


国宝犬山城がライトアップされた 
犬山城は木曽川の中から眺めるのが一番美しいらしい 
ライトアップされた犬山城が光跡となって 
木曽川をドレスアップする 


d0265224_19544044.jpg


黄昏の向こう側は夜のはずなのに 
カメラの目では 
20時を回ってもまだ空は明るい 



黄昏ればもう 多くの人は 
明日のことを思っている 
あんなふうに川の端を濡らして 
明日も明けてくる 

  





by 11hiyo | 2017-06-18 20:00 | | Comments(7)