たなぼた

タグ:黄昏 ( 70 ) タグの人気記事

雪の黄昏

d0265224_20533781.jpg

外は雪 
今日はめでたく真冬日で 
青い静寂に 
世界は支配されていた 

d0265224_20544733.jpg


ベートーヴェンのSilenceでも聴いて 
みようか 

d0265224_21014143.jpg


それとも バッハ? 


雪が降る 
反復しながら浸食される世界は 
ただただ眠ったまま 

雪の黄昏は 
静かすぎて 
ひとりぼっち 

d0265224_21041073.jpg


温かい声が 恋しくなる時間 




※ やっと搬入完了 ・・・タイトでした・・・ 


by 11hiyo | 2019-02-09 21:06 | 雨/雪

黄昏は人恋し

d0265224_18433978.jpg


夕日の あの一瞬の輝きを 
有終の美と述べた先人は 少なくとも私のまわりには多数いた 

人生が終わる前に それがたとえ一瞬であろうと 
輝く時間を持てるよう 人は務めねばならぬと 
急に文語調っぽくなって 
みな口をつぼめた 

d0265224_18434354.jpg


若い時は そうした思想に触れる機会も多かったけれど 
もうこの年になれば だれも 私には説教してくれない 


d0265224_18482862.jpg

先達の重みのある言葉とは裏腹に 
私なぞは 

黄昏は人恋しい 

などと愚痴をこぼすだけで 
説教らしい説教ができる人生ではなかったなと 
ぼんやり日暮れ時を過ごすのだ 






すっかり忘れていたお仕事の督促が来て 頭真っ白です・・・ 💔

by 11hiyo | 2019-02-01 18:53 | sora | Comments(2)

雪の黄昏

d0265224_19280070.jpg

d0265224_19280012.jpg

久方の昼間の雪も 
もう黄昏だ 

深山ホオジロにカケス、ヒヨドリにシジュウカラ 
みんな短く啼いて 飛んでいった 

d0265224_19280037.jpg

冬だ冬だと思っていたけれど 
こうして写真を撮ると 
山は笑う準備中 
枝先がマニキュアを塗ったがごとく 芽生えの赤 




by 11hiyo | 2019-01-31 19:32 | 雨/雪

踏切の音

d0265224_22373500.jpg


雨の前は4キロ先の踏切の音が聞こえる 


それが真夜中だったりすると 
貨物列車の通過音まで聞こえる 


今夜は聞こえない 満天の星の夜 






by 11hiyo | 2019-01-30 22:44 | sora

たそがれアワー

d0265224_18014511.jpg


黄昏 > 禍時 > 大禍時(逢魔時) 

赤が残る空 > 青くなった空 > さらに闇が深くなりつつある青黒い空 

誰か判別不能な時間 > まがまがしいことが起こりそうな時間 > 魔物や災禍に遭遇する時間  




魔物いなくなりましたね 

妖怪ならまだいるけれど 
樹木希林さんみたいな 妖怪になりたいな 


山国暮らしも長くなったので 
地平線や水平線に墜ちる夕日にしびれます 
 

※ 今日もしつこくお腹が凹む体操 
体操だけに大層しんどい (゚Д゚;) 


by 11hiyo | 2019-01-28 18:25 | sora

飛行機雲

d0265224_15362917.jpg

Gminor を 聴きたくなる

by 11hiyo | 2019-01-13 15:37 | sora

風の道

d0265224_23132860.jpg


そのときを待つ 

by 11hiyo | 2018-12-21 23:14 | sora

豆本

d0265224_21212782.jpg

ゆえあって豆本を三冊ほど作って 
可愛いと自画自賛していたけれど 
それはそれなりに苦労もあって 
果たして52頁もある本を 
豆本などと呼ぶのだろうかと 
独り思案に暮れてみたり 
夜が長いからいけない 
いくら考えたって 
朝が来ないんだもの 

d0265224_21213717.jpg


ああ 天女が舞っているようだね 
あの向こうにある山ね 
いくつか登ったんだよ 
デビューかい 
シニアの集い 
60歳のデビューってところね 

毎日 山に登ることを思って 
決められたルートをたどっているけど 
若い人には叶わないね 
叶わないけど 
楽しいんだから 
まだ行きたい 


ああこの人は 早起きさんなんだろうなって 
にこやかにバイバイした 
今夜も朝まで長そうだ ・・・(゚Д゚;) 




by 11hiyo | 2018-11-10 21:29 | sora

冬の夕焼け

d0265224_23245567.jpg

d0265224_23284808.jpg

冬の夕焼はたちまち暮れる 

凍てついたはくちょう座がたちまち西の山に消える 
そんな季節になった 





by 11hiyo | 2018-11-08 23:32 | sora

切片

d0265224_18551755.jpg

記憶の切片がすっとしみこんでいく黄昏時 


「有り難い」の反対は 「当たり前」だ・・・というのが今流行っているけど 
「当たり前に暮らせること」ほど 「有り難いこと」はなく 
純粋に反対言葉じゃないんだろうと思う 

「ありがとう」の反対が 「この野郎!」でもいいわけで 
「ありがとう」の反対が 「恨めしい」なんてこともあるはずだ 


d0265224_18551841.jpg


日が陰ってからは 今までは見えなかった常夜灯が円を描いてCMOSに記録されていく 

d0265224_18551768.jpg

「当たり前」の反対語が 「とんでもない!」だったり 
「当たり前」の反対が 「めずらし~い」だったり 
多義だと思う 


そうやって「くだくだ」考える間に 黄昏時間は終わる 
真っ暗になってからは 
毎日当たり前についている 
外灯が有り難い 

当たり前を整備できる人こそ 
本当に有り難い人だと思う 
そんな人がたくさんいたから 
人類はここまで進化したんだろうなと 
星明かりを見ながら思った 

今夜は星がきれいそうだ 









by 11hiyo | 2018-11-03 19:19 | hikari